JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4814
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

嫁が店のお金を搾取し、帳簿はデタラメ、複数の口座にて売上金を出し入れ、勝手に自身の給料を設定し、引き出し息子の給料は

解決済みの質問:

嫁が店のお金を搾取し、帳簿はデタラメ、複数の口座にて売上金を出し入れ、勝手に自身の給料を 設定し、引き出し息子の給料は0です。売上の高い時にはレジを誤魔化し、不景気時には架空売上伝票にて、何がなんでも自身の給料を捻出する操作を繰り返し、第三者に経理等を任せることになった途端子供を置き去り離婚を要求してきました。現在離婚調停中ですが、平成19年やり半年の間に私の口座より勝手にカードを作り、郵便を待ち受け受け取り20数回にわたり現金を引き出しております。そのお金は息子が弁済しました。この事件については時効が成立、しかし民事では争えると警察より助言いただきました。店のお金に関しては親族相盗で刑事告訴はできないとのことです。(民事可) 家庭裁判所の調停にて慰謝料請求、帳簿及び銀行の入出金の説明を求めておりますが、可能でしょうか?かなりの高額を抜かれております。 今現在、嫁の連絡手段は携帯のみです。おそらく以前よりの交際相手と一緒ではないかと思われます。が証拠はありません。 裁判に持ち込んだ場合かてますでしょうか? 他に何か良い案が有ればご助言賜りたいと存じます。私はストレスにより脳梗塞に倒れ、不自由な体になり、現在老人ホームにおります。当然嫁は介護など何も致しておりません。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から無茶苦茶なことをされるお嫁さんですね。

確かに、業務上横領的なことをされていますが、警察の言われる通り

親族相盗例が適用される場面かもしれません。

また、お金を抜かれている、証拠も必要になります。

不法行為による損害賠償請求となると思いますが

現時点で、離婚調停中と言うことですから

そこで、財産分与、慰謝料、養育費等の話し合いができます。

特に、以前の交際相手と言うのが気になります。

不貞行為の慰謝料の請求が可能になり。

仮のその交際相手と再婚でもするのであれば略奪愛の可能性がありますから

慰謝料も400~500万円(有責配偶者と愛人の2人分)にはなりますから

きちんと請求すべきでしょうね。その場合も不貞行為の証拠は必要となります。

ただ、有責配偶者(今回は奥様)からの離婚請求はできませんので

完全につっぱねて、借金(不正利得)を返すまで離婚をしないと言う手もあるかも

しれません。

そういう意味では、調停中と言えども安心ができませんので

離婚をするとしても、市役所に「離婚届の不受理の届」を早急に出しておいて下さい。

意外と勝手に出す人も多いのです。

最近の調停等では、個人情報保護の名目もあって、弁護士の先生が入っても

勝手に銀行預金の出し入れ等を調べることは難しくなっているようです。

裁判になるとどうしてもきちんとした証拠が必要となります。

婚礼費用等の返金は、最初から離婚を前提に費用を出す人はいないので

難しいかもしれません。

ある意味、そのような嫁とは早く関係を絶って忘れた方が精神衛生上良いと

言うのもあるかもしれません。

とりあえず、探偵事務所等に依頼して、不貞行為の証拠をつかむことです。

そうすれば高額の慰謝料をまずそこから取ることは可能です。

仮に、交際相手が暴力団関係者であれば、話は早いかもしれません。

財産等目当ての方の場合、後ろにその手の方がいることも多いのです。

交際相手の素性も知りたいですね。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

スーパートントン様

 早速のご回答有難うございます。

 

嫁は酒癖が悪く、結婚間もない時、まだ孫が生後半年に満たないある日に家族で温泉に行った際、(長女)娘に突然襲いかかり頚椎捻挫、顎の骨がズレるなどの大怪我を負わせその時の治療費も支払っておりません。反省もなくその後も変わらず大酒を煽る姿に

不信を持った娘が調査機関に依頼しました。

 

以前の結婚生活(前夫の父よりの証言)

 

アルバイトとで夜働き、3才と5才の子供の面倒は全く見ることなく殆どコンビニで済ませ、 この夫婦に子供を育てる資格なしと判断し福島へ連れ帰りその後離婚に至った。

それ以前も夏休みの期間中は二人の子供をあずけっぱなしで、その間、ハガキはおろか電話一本かけてくる事はなかった。離婚に際しても子供が欲しいとのホ、の字も口にしなかった。息子は多額の借金を背負い水産加工の仕事に携わり真面目に働き子供を育てている。過去は思い出したくない! との弁でした。

 

嫁には虚言癖が有り、離婚理由も当初の説明とは大きく違っており愕然といたしました。

娘に大怪我を負わせた際も、周囲に対して小姑にいつもいじめられていると、涙を流し、

自分を正当化させ、同情心を煽り可哀想な嫁を演じており、前回調停に於いても娘と顔を合わすと、関係者に涙で、体調不良を訴え中座帰宅したとの事です。又離婚理由の一つに小姑に

いじめれれていた。と、、、、。

 

区役所には既に離婚不受理届けは提出しております。

 

質問1  このように虚言癖がある人間と裁判になった場合に勝てるのでしょうか?

      見た目、色白美人でいつでも涙を浮かべ、被害者を装う事は得意技です。

 

質問2  税理士が半年毎に帳簿を確認し又申告時に何故、銀行の流れ等の疑問を持た   

      ずに、通したのか?

 

質問3  息子は一割程度売上を減らし申告しており、通常個人事業主はその程度の行為

      は行なっていると思いますが、帳簿を明確にすると、追徴課税負担がかかるので

      はないかと心配です。その辺りを嫁は追いてくるのでは?

 

質問4  運転資金おろか、子供の進学費用又今までの息子の労働対価全て根こそぎ持

      持ち去られた(長期にわたり自身の給料、息子の給料、売上等を自分の口座で

      はなく、証拠が残らないように毎月実家へ)額はおおよそ5000万円を超えてい

      思われます。

      店の材料を落としあらゆる手段を行使し、店の信用は失墜し、売上は数分の一

      にまで減少し、立ち行かない状況になり、吸い尽くし旨みが無くなつた為、そして

      第三者の介入により悪事がバレる事を危惧し、離婚をせまっている。

      不法行為で戦い、勝てるのでしょうか?お金は戻るのでしょうか?

 

尚、生活費は公共料金のみ月5万円程度で、飲食、税、ローン、生命保険、調味料に至るまで店の支払いで行なっておりました。又孫には子供手当が支給されております。

 

嫁の実家は現在県営住宅に住み、7年程前に父親が死去し、母親のみで、重大な精神疾患を患っており結婚前には、その事も知らされておりませんでした。葬儀、告別式は親戚、縁者の参列0、僧侶なし、祭壇なし、(ストレッチャーのまま)、供え物はみかん3個、りんご1個、菊の花一輪のみ、白飯なしという状況の中、死者の悪口を言い続ける母親に驚愕と恐怖が襲ってまいりました。弟はバスの運転手をしており、現在行方不明。

 

先生のお言葉通り、関わり合いを絶つことが幸福への一歩と考えます。息子夫婦の年齢差

により同じような葬儀を行いかねない嫁と縁が切れる事は良かったのかも知れません。

しかし、私供が失った物は余りにも大きく、悔しさでいっぱいでございます。

 私は女手一つで子供二人を育て大学まで進学させ、繁盛店を作って参りました。

「子供の幸福」のみ考え、人の何倍も働き頑張って、息子夫婦の為に不相応な又贅沢な、挙式、披露宴、新居を建て母子家庭だからと言って人様に笑われないように、惨めな思いだけはさせるまいと、、、、。しかしながらこのような結果になり、悔しいです。

 

長くなってすみません。ご助言頂けると幸いに存じます。

 

 

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

スーパートントン様

 早速のご回答有難うございます。

 

嫁は酒癖が悪く、結婚間もない時、まだ孫が生後半年に満たないある日に家族で温泉に行った際、(長女)娘に突然襲いかかり頚椎捻挫、顎の骨がズレるなどの大怪我を負わせその時の治療費も支払っておりません。反省もなくその後も変わらず大酒を煽る姿に

不信を持った娘が調査機関に依頼しました。

 

以前の結婚生活(前夫の父よりの証言)

 

アルバイトとで夜働き、3才と5才の子供の面倒は全く見ることなく殆どコンビニで済ませ、 この夫婦に子供を育てる資格なしと判断し福島へ連れ帰りその後離婚に至った。

それ以前も夏休みの期間中は二人の子供をあずけっぱなしで、その間、ハガキはおろか電話一本かけてくる事はなかった。離婚に際しても子供が欲しいとのホ、の字も口にしなかった。息子は多額の借金を背負い水産加工の仕事に携わり真面目に働き子供を育てている。過去は思い出したくない! との弁でした。

 

嫁には虚言癖が有り、離婚理由も当初の説明とは大きく違っており愕然といたしました。

娘に大怪我を負わせた際も、周囲に対して小姑にいつもいじめられていると、涙を流し、

自分を正当化させ、同情心を煽り可哀想な嫁を演じており、前回調停に於いても娘と顔を合わすと、関係者に涙で、体調不良を訴え中座帰宅したとの事です。又離婚理由の一つに小姑に

いじめれれていた。と、、、、。

 

区役所には既に離婚不受理届けは提出しております。

 

質問1  このように虚言癖がある人間と裁判になった場合に勝てるのでしょうか?

      見た目、色白美人でいつでも涙を浮かべ、被害者を装う事は得意技です。

 

質問2  税理士が半年毎に帳簿を確認し又申告時に何故、銀行の流れ等の疑問を持た   

      ずに、通したのか?

 

質問3  息子は一割程度売上を減らし申告しており、通常個人事業主はその程度の行為

      は行なっていると思いますが、帳簿を明確にすると、追徴課税負担がかかるので

      はないかと心配です。その辺りを嫁は追いてくるのでは?

 

質問4  運転資金おろか、子供の進学費用又今までの息子の労働対価全て根こそぎ持

      持ち去られた(長期にわたり自身の給料、息子の給料、売上等を自分の口座で

      はなく、証拠が残らないように毎月実家へ)額はおおよそ5000万円を超えてい

      思われます。

      店の材料を落としあらゆる手段を行使し、店の信用は失墜し、売上は数分の一

      にまで減少し、立ち行かない状況になり、吸い尽くし旨みが無くなつた為、そして

      第三者の介入により悪事がバレる事を危惧し、離婚をせまっている。

      不法行為で戦い、勝てるのでしょうか?お金は戻るのでしょうか?

 

尚、生活費は公共料金のみ月5万円程度で、飲食、税、ローン、生命保険、調味料に至るまで店の支払いで行なっておりました。又孫には子供手当が支給されております。

 

嫁の実家は現在県営住宅に住み、7年程前に父親が死去し、母親のみで、重大な精神疾患を患っており結婚前には、その事も知らされておりませんでした。葬儀、告別式は親戚、縁者の参列0、僧侶なし、祭壇なし、(ストレッチャーのまま)、供え物はみかん3個、りんご1個、菊の花一輪のみ、白飯なしという状況の中、死者の悪口を言い続ける母親に驚愕と恐怖が襲ってまいりました。弟はバスの運転手をしており、現在行方不明。

 

先生のお言葉通り、関わり合いを絶つことが幸福への一歩と考えます。息子夫婦の年齢差

により同じような葬儀を行いかねない嫁と縁が切れる事は良かったのかも知れません。

しかし、私供が失った物は余りにも大きく、悔しさでいっぱいでございます。

 私は女手一つで子供二人を育て大学まで進学させ、繁盛店を作って参りました。

「子供の幸福」のみ考え、人の何倍も働き頑張って、息子夫婦の為に不相応な又贅沢な、挙式、披露宴、新居を建て母子家庭だからと言って人様に笑われないように、惨めな思いだけはさせるまいと、、、、。しかしながらこのような結果になり、悔しいです。

 

長くなってすみません。ご助言頂けると幸いに存じます。

 

 

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

スーパートントン様

 早速のご回答有難うございます。

 

嫁は酒癖が悪く、結婚間もない時、まだ孫が生後半年に満たないある日に家族で温泉に行った際、(長女)娘に突然襲いかかり頚椎捻挫、顎の骨がズレるなどの大怪我を負わせその時の治療費も支払っておりません。反省もなくその後も変わらず大酒を煽る姿に

不信を持った娘が調査機関に依頼しました。

 

以前の結婚生活(前夫の父よりの証言)

 

アルバイトとで夜働き、3才と5才の子供の面倒は全く見ることなく殆どコンビニで済ませ、 この夫婦に子供を育てる資格なしと判断し福島へ連れ帰りその後離婚に至った。

それ以前も夏休みの期間中は二人の子供をあずけっぱなしで、その間、ハガキはおろか電話一本かけてくる事はなかった。離婚に際しても子供が欲しいとのホ、の字も口にしなかった。息子は多額の借金を背負い水産加工の仕事に携わり真面目に働き子供を育てている。過去は思い出したくない! との弁でした。

 

嫁には虚言癖が有り、離婚理由も当初の説明とは大きく違っており愕然といたしました。

娘に大怪我を負わせた際も、周囲に対して小姑にいつもいじめられていると、涙を流し、

自分を正当化させ、同情心を煽り可哀想な嫁を演じており、前回調停に於いても娘と顔を合わすと、関係者に涙で、体調不良を訴え中座帰宅したとの事です。又離婚理由の一つに小姑に

いじめれれていた。と、、、、。

 

区役所には既に離婚不受理届けは提出しております。

 

質問1  このように虚言癖がある人間と裁判になった場合に勝てるのでしょうか?

      見た目、色白美人でいつでも涙を浮かべ、被害者を装う事は得意技です。

 

質問2  税理士が半年毎に帳簿を確認し又申告時に何故、銀行の流れ等の疑問を持た   

      ずに、通したのか?

 

質問3  息子は一割程度売上を減らし申告しており、通常個人事業主はその程度の行為

      は行なっていると思いますが、帳簿を明確にすると、追徴課税負担がかかるので

      はないかと心配です。その辺りを嫁は追いてくるのでは?

 

質問4  運転資金おろか、子供の進学費用又今までの息子の労働対価全て根こそぎ持

      持ち去られた(長期にわたり自身の給料、息子の給料、売上等を自分の口座で

      はなく、証拠が残らないように毎月実家へ)額はおおよそ5000万円を超えてい

      思われます。

      店の材料を落としあらゆる手段を行使し、店の信用は失墜し、売上は数分の一

      にまで減少し、立ち行かない状況になり、吸い尽くし旨みが無くなつた為、そして

      第三者の介入により悪事がバレる事を危惧し、離婚をせまっている。

      不法行為で戦い、勝てるのでしょうか?お金は戻るのでしょうか?

 

尚、生活費は公共料金のみ月5万円程度で、飲食、税、ローン、生命保険、調味料に至るまで店の支払いで行なっておりました。又孫には子供手当が支給されております。

 

嫁の実家は現在県営住宅に住み、7年程前に父親が死去し、母親のみで、重大な精神疾患を患っており結婚前には、その事も知らされておりませんでした。葬儀、告別式は親戚、縁者の参列0、僧侶なし、祭壇なし、(ストレッチャーのまま)、供え物はみかん3個、りんご1個、菊の花一輪のみ、白飯なしという状況の中、死者の悪口を言い続ける母親に驚愕と恐怖が襲ってまいりました。弟はバスの運転手をしており、現在行方不明。

 

先生のお言葉通り、関わり合いを絶つことが幸福への一歩と考えます。息子夫婦の年齢差

により同じような葬儀を行いかねない嫁と縁が切れる事は良かったのかも知れません。

しかし、私供が失った物は余りにも大きく、悔しさでいっぱいでございます。

 私は女手一つで子供二人を育て大学まで進学させ、繁盛店を作って参りました。

「子供の幸福」のみ考え、人の何倍も働き頑張って、息子夫婦の為に不相応な又贅沢な、挙式、披露宴、新居を建て母子家庭だからと言って人様に笑われないように、惨めな思いだけはさせるまいと、、、、。しかしながらこのような結果になり、悔しいです。

 

長くなってすみません。ご助言頂けると幸いに存じます。

 

 

 

 

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

お嫁さんによって大変な被害を経済的にも精神的にも

また、ご相談者様の長女様までは身体的な被害を受けるなど

最悪なお嫁さんだと思います。

本当にご心痛お察し申し上げます。

また、前夫のお父様の話からも相当の悪女と思われます。

お金が命より大切みたいなお嫁さんなのでしょうね。

結構、熟年の男性の財産を狙う偽装結婚と言うのはあるものです。

ご質問にお答えいたします。

1、そうですね。その虚言癖が病的なものであれば、精神科でも受信されると

責任能力なしと言う判断もあるかもしれませんが、かなり知能犯でやっている

感じですよね。裁判になれば口頭弁論がありますので

そのような嘘はプロには通用しません。すぐに見抜かれますし

矛盾点が出てきます。

ただ、調停の場合は、調停委員も、それなりに研修を受けていますが

やはり60歳以上の地元の名士的な人がなるので騙される可能性はあります。

調停で良い結果が出なければ裁判ですね。

黒幕がいる感じもありますよね。

2、税理士の先生は、立場上、積極的に脱税などに関与はしませんが

ある程度、言われるがままにやるだけの話で、そこは機械的な作業ではあります。

税理士を相手取って、責任論をぶつけても難しいかもしれませんね。

それなりにつじつまがあっていれば問題なく税務署は通ってしまうものです。

特に個人事業者の場合は、税務署は見向きもしないことが多いですね。

3、追徴課税や重加算税がかかると、さらなる損害が出る可能性はありますね。

お勧めできることではありませんが、確かに、個人事業だと経費などの調整が

しやすく税金を抑えようとしがちになります。

そういうところもお嫁さんに突かれたのでしょうね。

確かにお嫁さんと対抗が難しくなります。

4、そこが難しいところです。離婚の財産分与で要求するにしても

そのお金がどこにあるか分からなくなっているとなると難しいですね。

証拠を押さえるにも銀行の口座を追うことは今は個人情報保護で

難しくなっています。

不法行為で争うためには、ご相談者様側に立証責任がございます。

離婚後に支払督促を裁判所から出してもらう手もありますが

やはり証拠です。

一つの別の視点の方法論としては、不貞行為の慰謝料請求でしょうね。

調停中に、税法違反的な話が出ても、それは別の話だからと

縦割り行政みたいな話なので、とにかく不明な部分は、横領的な話で

調停委員にぶつけてみるのも手ですね。

逆恨みされてお嫁さんに税務署に告げ口されるのが怖いのはあります。

仮に刑事事件でやっても、罰金とか取られるかもしれませんが

捕まっても、被害のお金が返ってくることはないので

やはり、民事で争うしかないかもしれませんね。

特に、お嫁さんのお父様の葬儀の話を伺っても

あまりにも死者をないがしろにした対応ですから

生まれながらの悪女かもしれません。

お嫁さんは、もうご相談者様のところから搾り取れないと判断して

次の獲物を探そうとしているのでしょう。

そういう意味では離婚を長引かせて嫌がらせではないですが

少しはお説教をした方が良いのかもしれません。

そうすると、何らかの金銭的な譲歩があるかもしれません。

それと、文句を言い続けることです。

お嫁さんもそういう性格ですから、自分が文句を言われる立場になると

精神的に追い込まれるかもしれません。

大変でしょうが、頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問