JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

独立行政法人神奈川県立がんセンターでのことです。原則勤務時間外の院外診療(バイト)は禁止されております。病院が許可し

解決済みの質問:

独立行政 法人神奈川県立がんセンターでのことです。原則勤務時間外の院外診療(バイト)は禁止されております。病院が許可した院外手術などは許可されているようです。一部の科が、それを利用し個人にはお金が入らず病院に入るようにして病院が使用可能としているたとえば、学会費用などに利用できるようにしています。われわれには、その事実は公にしておりませんでした。そのため、このシステムとお金のながれ、平日勤務中の二重労働等にたいして返答を求めたところ、教える必要はないとの回答で何一つ公にしません。このような場合どのように対応すると内容の開示に応じるようになるのでしょうか?

行っている病院は民間病院上白根病院です。横浜市大病院外科ご用達の病院です。
正直ものがばかをみるのは勘弁ですので質問しました。
また、どの分野にこのことを相談すると話が早いのかも教えてください。たとえば、県議会議員など
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士です。

こんばんは。

私も国立の大学病院勤務の医師から同様の相 談を受けたことがあります。
このような場合に情報開示を求める手続に関しては,独立行政法人等の保有する情報の公開に関する法律
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H13/H13HO140.html
というものに規定があります。
具体的な方法として詳細なのは,総務省の
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/gyoukan/kanri/jyohokokai/shoukai.html
でしょうか。

一方,民間病院側のアルバイト雇用状況についての情報を開示させるには,事件を弁護士に依頼した上で,
弁護士照会制度を用いて回答を得るくらいしか方法はなさそうです。

開示があったとして,どのような解決が妥当かは,別の問題として悩ましいところだと思いますが,
情報開示請求によりとりあえず問題提起するための資料を取得できるかと思います。
bengoshimailmeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問