JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

夫婦間の金銭問題。 夫が精神的な病にかかり、自宅で療養中、寝ている夫の財布から 妻が無断でクレジットカードを取りだし、複数回にわけてキャッシングローンでお金を 借りて、夫の預金

解決済みの質問:

夫婦間の金銭問題。 夫が精神的な病にかかり、自宅で療養中、寝ている夫の財布から
妻が無断でクレジットカードを取りだし、複数回にわけてキャッシングローンでお金を
借りて、夫の預金通帳とキャッシュカードを持ち出し現在
行方不明です。
この場合、籍を入れたままだと、夫婦の問題になるのか?
仮に離婚して、元夫婦になった場合はどうなるのか?

福岡在住 鈴木と言います。
回答よろしくおねがいします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

夫婦には日常家事債務の連帯責任がございますので、その行為が日常の家事の範囲と判断された場合は連帯責任を負うことになります。そして、今回のケースでは浪費しているとのことですので、この規定によって責任を負う恐れは少ないかと存じます。

しかし、今回のケースで一番大きな問題は、そもそもクレジットカードの名義がご主人名義であることです。ご主人名義のカードが利用された場合、通常その利用者はご主人であると推定されます。この問題を解決するには、積極的に奥さまが利用したことを立証しなければなりません。今後、カード会社から請求がきた場合にはこのことにご注意いただく必要があります(支払を拒否し続けた場合、最終的には訴訟を起こされる可能性があります)。

また、今後のことについてですが、精神的なご病気であるということなので、ご主人に成年後見人(ご主人の財産管理をする人)を付けた方がよろしいかもしれません。一度、最寄の家庭裁判所、または弁護士、司法書士にご相談されることをおすすめいたします。

質問者: 返答済み 5 年 前.
籍を入れたままの場合と、先に離婚して、元夫婦と
なった場合では、解釈に変化はあるのでしょうか?

専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

ご返答有難うございます。

離婚後も同じように解釈していただいて結構です。

婚姻中の借り入れが日常家事債務にあたるものであれば、離婚したあとも連帯責任を負うことになりますし、日常家事債務にあたらなければ連帯責任を負いません。

また、クレジットカードの名義の問題も同様です。

奥さまが使い込んだことを立証できれば、ご主人が支払う必要はございませんし、立証できなければご主人のみが支払い義務を負うことになります(その他、連帯保証人がいる場合などは除きます)。

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問