JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

亡くなった義父母の遺言状があり、内容も最後まで看てくれた、私の妻に三重県にある住宅と、貯金の全てを相続させるとあり、

解決済みの質問:

亡くなった義父母の遺言状があり、内容も最後まで看てくれた、私の妻に三重県にある住宅と、貯金の全てを相続させるとあり、開封状態であります。それでも家庭裁判所の言うように全ての兄弟全員の戸籍謄本を取り寄せ裁判所に遺言状の検認手続きの手配が必要ですか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 5 年 前.

こんにちは。

 

自筆証書遺言の場合は、お書きになっている事情であっても検認手続きが必要になります。
裁判所は提出された戸籍から相続人を確認しその者に通知を発送しますので、添付するように言われた戸籍類は全てそろえなければなりません。

 

検認手続きとは、相続人に対し遺言の存在と内容を知らせるとともに、遺言書の内容を裁判所に明らかにしておき、その偽造・変造を防止するための手続です。
今後の不動産の名義変更、預貯金の払い戻し手続きを行うにも検認手続きを済ませた遺言書でないと受付けされませんので、検認は行う必要があります。

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問