JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。事務所経営者。裁判所事務官・地方公務員上級職等合格。
62133260
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

私は工事中のマンションである居住者を工事に協力しない居住者と間違えて罵倒してしまいました。人違いに気づきすぐに謝罪し

解決済みの質問:

私は工事中のマンションである居住者を工事に協力しない居住者と間違えて罵倒してしまいました。人違いに気づきすぐに謝罪しましたが全く相手にしていただけません。社長と私の謝罪文を相手に提出しま したがそのまま返送され、社長あてにその場の状況詳細説明と会社の社員教育に対する回答を求められています。文章の中で相手は人権・名誉を傷つけられたと言ってられます。
私としては全くの人違いで土下座までして謝罪しているのですがこの上どうすればよいのかわかりません。
今後、私のとる行動の最善の方法と私が問われる責任について教えていただきたいのですが?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

 状況が必ずしも分かりやすいとはいえませんが。 謝罪→金銭賠償→示談などのプロセスを通るのが一般的だと思います。

 

  謝罪文は被害に遭ったご本人(仮にAさんとします)だけでなく、マンション内に掲示するか観覧するなどの方法が、現在までやった方法に比べて効果的だと思います。

 

  謝罪の際は貴方だけが行かれたのでしょうか。貴方だけでは不十分でしたら、なるべく社長か少なくとも職場の最高責任者に同行してもらい、謝罪するのが望ましいと思います。

 

  謝罪の際は、菓子折り程度は挨拶代わりにお持ちになられたと思いますが。その程度では不十分なケースではないでしょうか。

 

  最終的な方法としては、被害を受けた方に影響力を与えられる人から、説得してもらうという様な方法もあるのではないでしょうか(例えば、Aさんの勤務先の社長さんなど)。

 

  申し上げにくいのですが、全般的に対応が必ずしも十分とはいえないように感じました。Aさんがそのような職業の方か存じませんが、法律家や逆に非合法な団体の人でしたらこの程度では済まなかった可能性が大です。

 

  なお、貴方の法的な責任ですが、不特定または多数人がいる中で行なわれたら刑事では名誉毀損罪や侮辱罪、態様によっては脅迫罪や強要罪などが考えられます。

 

  民事では不法行為による損害賠償請求が考えられます。

 

  刑事罰の方は、形式上成立する可能性があるというだけで、実際に処罰される可能性は極めて低いと思いますが。

 

  金銭賠償は免れるのは難しい案件だと文面からは感じました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  参考になりましたら「承諾」をお願い致します。

  

質問者: 返答済み 5 年 前.
納得できません。
改修工事においては住民とトラブルになることは多々あり、その都度このような処罰があるとは聞いたことがありません。今回の件は全くの勘違いであり、上司と同行で直ぐに最大限(土下座)までして謝罪しております。また口調が荒くても暴力等は全くしておりません。
相手によっては和解していただけるケースとはおもうのですが?
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

  ひとりひとり名前や顔が違うように、過去のトラブルでは謝罪で解決できたのに、今回は謝罪では、なぜダメなのかと言われましても、私はAさん自身ではないので。

 

  もし仮に被害を受けたのが私だったら、モチロン、十分な説諭をしたうえで許しますが。 

 

  そもそも<私は工事中のマンションである居住者を工事に協力しない居住者と間違えて罵倒してしまいました>とありますが。  工事に協力しないことは貴方にとって好ましいことではないでしょうが。 単に改修工事を請負った会社の従業員にすぎない貴方が罵倒する必要があるのかが、理解できません。

 

  < 口調が荒くても暴力等は全くしておりません。>とありますが、当たり前です。暴行を用いてたら、おそらく逮捕されているでしょうから、このサイトに書込みは出来ないでしょうから。

 

  あなたも<相手によっては和解していただけるケースとはおもうのですが? >と書いているように、和解していただけるハードルが今回の方は高かったのしょうね。

 

  お困りのご様子だったので、深夜にも拘わらず回答させて頂きましたが。 2回の回答を参考に貴方の上司またはその上(場合によっては社長)と善後策を練る必要があります。

 

  私は法律関係の仕事を20年近くしてますが、甘く考えていると面倒なことになるお相手だと思いますよ。 

 

 

shonansolicitorをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問