JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

昨日、離婚調停が結審しました。が1日たってどうしても納得いかないことが発生したのですが、再度不服申し立て等はできない

解決済みの質問:

昨日、離婚調停が結審しました。が1日たってどうしても納得いかないことが発生したのですが、再度不服申し立て等はできないのでしょうか?
(要望)

妻がほとんど家事ををせず、家族旅行も無く、妻が文句ばっかりいってきたのを耐えながら生活してきた私としては、養育費4万/月、財産分与無し慰謝料無しはどうしても納得できない。また、使途不明金等が出てきたことがさらにはくしゃがかかりました。

・養育費変速型→12歳までは3万、20歳まで→4万


投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 5 年 前.

こんにちは。

そのような事情では、納得できないという気持ちを抱かれるのも無理の無いことだと思います。

 

ですが、再度の不服申立てはできません。
調停調書が作成された場合、そこに記載された内容は確定判決と同一の効力を持ちます。
一度は納得し裁判官の面前で調書の内容をお互いに確認したはずですので、後からやっぱり納得できないと言って一方的に覆すことはできないのです。

 

調停調書に記載のない事項については別途争うことができますが、通常は「調停で合意した以外は何ら債権債務関係がない」といういわゆる清算条項が入っていますので、それも難しいかと思います。

 

養育費については、今後お互いの事情が変わった場合には金額を変更する調停を申立てることができますが、それまでは調停の結果に従い支払う必要があります。

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問