JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。事務所経営者。裁判所事務官・地方公務員上級職等合格。
62133260
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

私は小売り業者に刃物をおろしています。納期は口約束で3か月にしました。特注が多く納品が間に合わなくなりました。注文書

解決済みの質問:

私は小売り業者に刃物をおろしています。納期は口約束で3か月にしました。特注が多く納品が間に合わなくなりました。注文書はありますが契約書はありません。注文残があるのですが取引中止した場合は損害賠償されて裁判にかけられることはありますか。注文残は¥500,000くらいです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

  注文書は通常注文請書とセットで契約が完成したことになると思います。 従って、契約書ですと双方が署名押印しますので、その辺が注文書と異なる点だとは思います。

 

  普段の取引をどのようになさっているかが、文面からは不明ですが。小売から注文があった場合に、注文請書を発行しているのでしょうか?

 

  請書を発行しているとしたら、注文プラス請書で契約自体は完了しているので、履行しないで取引を中止した場合、債務不履行(民法15条)の問題が生じ、損害賠償の問題が発生します。

 

  注文を受けただけで、それに対する応答を文書でしていなかった場合、必ずしも契約は完結しているとは言えないと一応の言い逃れは出来ると思いますが。。。

 

  もっとも、取引は信用が大事ですから、法律的には言い逃れが出来たとしても、それを主張した方が得策かどうかは、最終的にはご自身で決定することだと思います。

 

  口約束でも一応契約は成立しているのですが、書面がないのでそれを証明するものがないとも言えます。従って、言い逃れは一応出来ますとまでしか言えません。

 

  <注文残があるのですが取引中止した場合は損害賠償されて裁判にかけられることはありますか。 >と書いてありますが、請書がないのに裁判まで起こす可能性は低いとは思いますが。

 

  「特注が多く納品が間に合わなくなりました」と正直に言って和解するか。請書がないので注文されただけで、契約自体は成立していないと主張するかのいずれかですが。

 

  相手は裁判まではしてこないと思いますが。私があなただたtら正直に話して、和解案について協議すると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  参考になりましたら「承諾」をお願い致します。

 

   

 

  

 

shonansolicitorをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問