JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 988
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

8月に、株RFEと言う会社の営業マンが自宅に来て話をされ、その会社の第7回目の社債、少人数私募債、(年利6.5%で3

解決済みの質問:

8月に、株RFEと言う会社の営業マンが自宅に来て話をされ、その会社 の第7回目の社債、少人数私募債、(年利6.5%で3年)を買ってしまいました。その後、営業マンから何度も電話があり、9月には第8回目を募集しているからとしつこく言われ、又 買ってしまいました。計400万も! どんな会社かも知らないのに、話を聞いただけで買ってしまいました。 知り合いからは、詐欺だと言われ、心配になりました。 最近では、10回目があってると電話が!この会社は、まともな会社なのでしょうか?基本、解約は出来ないと言われ、今、解約したら元金の40%しか戻らないと言われました。 どうしたらいいのか、分からなくなりました。ネットで調べたら、会社は一応あるみたいです。この会社は、違法な事はしてないのでしようか?
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 6 年 前.
少人数私募債というのは、そもそも広く募集するものではなく、従業員や取引先など、縁故での資金集めを想定した制度です。もともと、一定の信頼関係のある人同士での取引が想定されているため、通常の金融商品に必要な金融庁への届出などが不要となっています。
従って、実際に会社を見学したり、社長や役員との面談を行うなどした上で、事業内容をよく理解した上で購入を検討すべきものです。

上記の制度趣旨もあり、広く募集するものではないということで、少人数私募債の販売にあたっては49人迄の勧誘しか認められていません。購入者数ではなく、勧誘人数が49人ですから、訪問販売で勧誘していたのでは、すぐに上限に達してしまいます。この点で、違法である可能性 もありますが、何件勧誘したかを確認するというのも現実的にできませんし、また内容を変更することで、脱法的に多数の勧誘をしているのかもしれません(例えば、第8回は49人勧誘して購入者1名、第9回は別条件で49人勧誘して購入者0名ということもあるかもしれません)が、いずれにせよまっとうな金融商品とは言いがたいように思います。

場合によっては契約の無効を主張したり中途解約をした方が良い場合も考えられます。悪徳業者であれば、意図的に赤字を作り、資金を社外に出してしまって倒産ということも考えられますから、調査や必要な対応を、早急に専門家へ依頼されることをお勧めします。
houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問