JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表。
60879286
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

示談についての質問です  中3の息子のいじめについて 相手側から10万円払えといわれ 数人のこわい人達にかこまれ、脅

質問者の質問

示談についての質問です  中3の息子のいじめについて 相手側から10万円払えといわれ 数人のこわい人達にかこまれ、脅されたかたちで未成年の息子が反省文と示談書にサインし 私もパニックで怖くて了承しお金を払ってしまいました。   示談を取り消しお金をとりもどすことができるのでしょうか・・・
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

こんにちは、行政書士のyorozuyaです。質問を投稿いただき誠にありがとうございます。ご質問への回答は下記の通りになります。わかりやすい回答を心がけておりますが。ご不明な点などありましたら、お気軽にご返信ください。

 

民法

(詐欺又は強迫)

第96条 

詐欺又は強迫による意思表示は、取り消すことができる。

 

と定めています。

 

「強迫」とは、相手に畏怖を生じさせ、それによって意思表示をさせることを言います。

 

「畏怖」とは、恐れおののくことを言います。

 

怖い人に囲まれた正常ではない状態で、本来支払う必要のない金銭を支払う示談書の作成やお金の支払いが行われたのであれば取り消すことは可能であると思います。

 

現実問題としては、すでに渡してしまったお金を怖い人たちから回収することは相談者さまおひとりでは難しいと思います。

 

おそらく書面で示談の取り消しとお金の返却を求めても素直には応じないのではないでしょうか?

 

刑法は

(恐喝)

第249条 

人を恐喝して財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。

 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

 

と定めています。

 

恐喝にあたるかどうかの相談も含めて、法テラスなどを利用して回収をお願いできる法律家(弁護士もしくは司法書士)を探すことを検討されると良いと思います。

 

今後追加の請求があったとしても応じないで警察に相談されると良いと思います。

 

以上、お答えします。

 

不足や追加の質問があるときは返信でご質問ください。

法律 についての関連する質問