JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。事務所経営者。裁判所事務官・地方公務員上級職等合格。
62133260
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

ある有料会員サークルに入っています。会期は1年ですが「両者(サークル側と客側)の合意があれば、延長は何期でも可能」と

質問者の質問

ある有料会員サークルに入っています。会期は1年ですが「両者(サークル側と客側)の合意があれば、延長は何期でも可能」という規程があります。サークル側から「あなたの延長が認めない。我々は延長に合意しないというのが理由だ。両者の合意がないからという理由であるから、なぜサークル側が同意しないか、という理由は話さない。話す必要はない」とのことでした。納得できない、私は延長したいのですが、何か抗議の方法はありますか?
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 6 年 前.
サークルへの会員資格を認めるかどうかというのは、私的自治の原則といって、当事者間で決定したルールが優先され、原則として法律は介入しません。
例えば、国籍や職業などを理由として入会を拒否したとしても、違法ではありませんし、その拒絶理由を告げる必要もないとされています。

但し、今回の場合は新規入会ではなく継続についてですので、新規入会の場合と比べると争いの余地が広くなります。例えば、延長という名目にはなっているが、これまで特段延長の手続きを行うことなく何年も経過している場合や、事実上自動更新であることを前提に、多額の入会金を支払っている場合などには、延長の拒否に合理的な理由が必要と判断される可能性は考えられます。


houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 980
経験: 行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
私的自治の原則という理屈は知りませんでしたが、よく分かりました。そして私の場合は入会金等、お金を払ってるし、今までは継続は認められていました。法律家に助けを求めるしかないと思っていますが、どのように誰に頼めばいいのでしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.
私的自治の原則という理屈は知りませんでしたが、よく分かりました。そして私の場合は入会金等、お金を払ってるし、今までは継続は認められていました。法律家に助けを求めるしかないと思っていますが、どのように誰に頼めばいいのでしょうか?
専門家:  houmu 返答済み 5 年 前.
・裁判にするかどうかの判断や、裁判にする場合の手続き、しない場合の交渉など全面的に任せてしまいたいのであれば、弁護士へ、
・裁判での解決を考えているが、自分でも時間を作って動くことができるので、書類作成とアドバイスをお願いしたいということであれば、司法書士へ、
・裁判までは今のこころ考えておらず、自分で交渉を行うつもりだが、書類作成や交渉についてのアドバイスが欲しいということであれば、行政書士へ

ご依頼頂くのが良いかと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答の質.
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

  はじめまして。ShonanSolicitorと申します。先に回答した方とは多少違った考えですので、敢えて回答させて頂きました。

 

  どのような有料会員サークルかは書いてないので詳細が分かりませんが。書かれている範囲内で可能な限り回答させて頂きます。

 

  まず、<ある有料会員サークルに入っています。会期は1年ですが「両者(サークル側と客側)の合意があれば、延長は何期でも可能」という規程があります。>と書いてあります。

 

  そして次に<サークル側から「あなたの延長が認めない。我々は延長に合意しないというのが理由だ。両者の合意がないからという理由であるから、なぜサークル側が同意しないか、という理由は話さない。話す必要はない」とのことでした。>

 

  このような対応を受けたら、誰しも納得はできないと思います。まずは、「私的自治」ありきのケースではないと私は思います。

 

 <納得できない、私は延長したいのですが、何か抗議の方法はありますか? >とありますが。 規程を拝見していないので確定的なことは言えませんが、そのサークルはそもそも延長することを前提にしているように、文面からは感じられました。

 

  まあ、「双方の合意」という一応の逃げ道をサークル側はつくっているようですが。延長を拒否する場合は、「正当な理由」が必要だと思います。

 

  弁護士か行政書士に依頼して、「私は延長を希望する。拒否するなら拒否するに値する正当な理由を知りたい。開示しなければ、裁判所で争いたいと思っている」というような要旨の内容証明を出してみてはいかがでしょうか?

 

  相手が無視する場合も考えられますが、その時には弁護士と相談して訴状だけ書いてもらってあとは自分で裁判をする。若しくは、弁護士に全て依頼するというような方法が考えられます。

 

  内容証明は行政書士の場合2万円前後、弁護士は5万円ぐらいが多いようです。その他の費用は弁護士に直接おたずね下さいませ。

 

  知人に行政書士や弁護士がいらっしゃらなければ、NET上で探すか行政書士会や弁護士会に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 参考になりましたら、「承諾」をお願い致します。

 

 

shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 435
経験: 中央大学法学部卒。事務所経営者。裁判所事務官・地方公務員上級職等合格。
shonansolicitorをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問