JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。事務所経営者。裁判所事務官・地方公務員上級職等合格。
62133260
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

現在私名義のマンションに平成14年より実弟家族(配偶者、子供18歳1人)が住んでいるのですが、家賃が累計48カ月分滞

解決済みの質問:

現在私名義のマンションに平成14年より実弟家族(配偶者、子供18歳1人)が住んでいるのですが、家賃が累計48カ月分滞っております(賃貸契約等結んでおらず口約束のみ)。
 家賃未払い分回収に関しては、先に回答を頂いておりますが、回収を諦めてでも立退いてもらい、第三者に貸すか、売却処分したいと思います。
 立退いてもらうには(話し合いには、全く応じません)どの様な手続きを取れば宜しいのでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

  回収についてコメントしましたSHONANSOLICITORです。明渡しの場合も基本的には同じで行政書士や弁護士に依頼して明渡しを求める「内容証明」、応じなければ最終的には「訴訟」ということになります。

 

  訴訟の場合は、明渡しの訴訟を行なってくれる弁護士を探す必要があります。お知り合いにいなければ、地元の弁護士会に紹介してもらって下さいませ。

 

  「最終的には」そういう方法での解決ということになりますが。出来れば弁護士に依頼する前に、弟さんに事前に立退かなければ裁判をやるつもりだと内容証明で言っておいたほうが良いと思います。

  訴訟を起こせば、明け渡しが認められる可能性が高いと思います。しかし、そうする前に内容証明でなどで話し合いで、解決したほうが良い理由を書きます。

  まず、弁護士を依頼すれば弁護士費用がかかりますし、優秀な弁護士さんにやってもらえる保障はありません。

 

  例えば、一応解決しましたが、1. 明け渡しは半年後。その間の家賃は無し。2. 今までの滞納分は支払い免除。3. 引越し費用は大家の負担。 こんな条件で和解してもらってもあんまりありがたくはないですよね^^;。もちろん弁護士費用(着手金プラス成功報酬)も支払わなければいけません。

 

  滞納家賃の件は、本人に金が無ければ、支払えとの判決はもらえますが差し押さえる財産も無いのでしょうから、現実には取れません。(尤も、勤めていれば、給与差し押さえは出来ます。)

  従って、1. 弁護士費用がかかる。2. 滞納家賃は、現実にはあきらめるしかない可能性が高い。3. 和解を勧められる事も多く、その場合は引越代の負担も提示される事がある。

  ですから、弟さんに、これから弁護士を立てて訴訟を起こすつもりでいる事、そうした場合当然自分達が勝つが、判決まで2・3ヶ月かかるので、3ヶ月以内に出て行くなら、過去の賃料・3ヶ月の家賃も免除してあげるので自発的に出て行ってくれと提案する方が、却って安上がりです。 

 

  そのような内容の内容証明を行政書士さん等に頼んで出してみてはいかがでしょうか?それでも相手が応じないなら、その時は本当に弁護士を依頼して裁判をする。

  最後に<訴訟前の話し合いですが、相手が同意した場合>
1. 本日付で賃貸借契約を合意解約した事。2. 明け渡しは何月何日までする事。3. 明け渡し後、入居者の残置物がある場合、その所有権を放棄したものとし、大家側で任意に処分できる事。を盛り込んだ、合意書をあらかじめ作成して、話し合いに臨んだほうが、相手が同意した場合に、すぐに文書を取り交わす事が出来ます。  

 

  こういう文書もご自分ではなく、法律文書作成のプロである行政書士などに依頼した方が良いです。

 話しがダメならすぐ、弁護士を探し依頼する。家賃滞納は事実関係を争うような事も無い単純な内容なので、解決できると思います。

 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  参考になりましたら、「承諾」をお願い致します。

shonansolicitorをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問