JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 956
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

知人が呑んでいた際財布・免許証をなくしてしまいました。かなり探したのですが見つからず 交番へ紛失届けを出しに行った

解決済みの質問:

知人が呑んでいた際財布・免許証をなくしてしまいました。かなり探したのですが見つからず
交番へ紛失届けを出しに行った際、「酒帯運転」で調書を取られてしまいました。アルコール数値は0.65だったそうです。免許証がないので赤切符は交付されませんでしたが呼び出し通知が届きました。車で来るな等の記載はなかったのですが、車で検察庁へ出頭しても大丈夫でしょうか?
今後どのような展開になるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 5 年 前.
検察庁からの呼び出しは刑事事件としての話であり、免許停止や免許取消といった行政処分とは関係ありません。現在まだ、行政処分を受けていないのであれば、運転して行っても構いませんが、もし、免許停止や取消処分を受けるまでの間になにか違反をしますと、点数が累積し処分が重くなることが考えられますので、出頭とは無関係に、なるべく運転を控えられることをお勧めします。

今後の流れですが、刑事事件と行政処分はそれぞれ別の流れで進行します。
刑事事件については、酒気帯び運転であれば、検察での取り調べから判決まで2~3時間ほどで終わってしまう即決裁判手続にて行われるのが一般的です。罰金は初犯であれば20万円であることが多いようです。

行政処分については、25点で、他に違反がなく、免停の前歴がなければ、免許取消及び欠格期間2年となります。
後日免許 取消処分に伴う意見の聴取を行う旨の案内が届きます。出席される場合は、このまま行政処分が行われますので、車でいくのであれば誰かに運転して貰う必要があります。案内には、意見の聴取により処分が軽減される可能性がある旨の記載があるかもしれませんが、残念ながら私の知っている限り、酒気帯び運転の場合に情状酌量を理由としての処分軽減はありません。特段の理由がない限りは、無理に予定をあわせてまで出席されなくてもよろしいかと思います。この場合、通知に記載の意見の聴取日以降の都合のつく日に、(事前に電話連絡の上)出頭されるとよいでしょう。

ご参考になりましたら幸いです。
houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問