JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

はじめまして。 初めてご相談させていただきます。 相談というのは、私の彼女のことなのですが、私以前に付き合っ

解決済みの質問:

はじめまして。
初めてご相談させていただきます。

相談というのは、私の彼女のことなのですが、私以前に付き合っていた愛人から、 過去4年間のうちにプレゼントしてもらった物やアパートを借りるときにかかった費用を返してほしいといわれています。返さない場合は、彼女の友人に彼女との関係を言いふらすメールを送ると脅されています。

彼女の友人のメールアドレスなどは、関係があるときに、相手に彼女の携帯のメモリーを勝手にコピーされたそうです。

このような、メールが彼女の友人に送信された場合、法的手段をとることは、可能でしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 5 年 前.

こんにちは。

 

交際相手へのプレゼント・費用は法律的には贈与であり、一度あげた以上は原則としてその返還を求めることはできません。
にもかかわらず、関係を言いふらすメールを送ると脅し返還を請求するという相手の行為は、脅迫罪(刑法第222条)または恐喝未遂罪(同第249条、250条)にあたります。
実際にメールが多数の彼女の友人に送信された場合、その行為は名誉毀損罪(同第230条)にあたる場合が多いでしょう。
上記の行為により名誉が侵害された、精神的苦痛を受けたとして不法行為による損害賠償(民法第709条)を請求することもできます。

 

また、いわゆるストーカー規制法に挙げられるつきまとい等の行為でもありますので、今後も連絡や請求が続くようでしたら最寄の警察に相談しましょう。警告・禁止命令等により対応してくれます。

 

まずは相手に対して、相手の行為は上記のような違法行為であることおよび今後一切接触しないように伝えたうえで、なお続くようであれば警察の力を借りるのが良いと思います。

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問