JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 950
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

兄の死後、複数のカード会社の請求が出てきました。 私が法定相続人になりますが、兄とは疎遠で実態が判りません。 約

質問者の質問

兄の死後、複数のカード会社の請求が出てきました。 私が法定相続人になりますが、兄とは疎遠で実態が判りません。 約200万ほどですが支払い義務が生じるので背負うか。 兄の預貯金はほぼゼロでした。 自営でしたが組合の弔慰金と入院保険の弔慰金が数十万あるようです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 5 年 前.

相続の際、債務超過である場合には、相続放棄という方法があります。
手続きは家庭裁判所で行います。裁判所と聞くと大事のように感じられるかもしれませんが、必要書類(戸籍謄本など)を揃えるのがすこし手間なことを除けば、難しい手続きではありませんので、ご自身で手続きされることも十分可能です。

手続きは、亡くなられたお兄さんの最後の住所地を管轄する家庭裁判所で行います。
ご相談者様が法定相続人とのことですので、
・ご両親は死亡
・お兄さんに子供はいない
と仮定してお答えしますと、必要なものは、
・お兄さんが生まれてから亡くなられるまでのすべての戸籍謄本
・ご両親の死亡が確認できる戸籍謄本
・もし過去にお子さんがいて、亡くなられてしまっている場合には、お子さんの生まれてからなくなるまでの戸籍謄本
・相続放棄する方の戸籍謄本
を揃えることになります。

上記のほか、申述書を作成して提出しますが、下記の通り簡単なものです。

http://www.courts.go.jp/saiban/tetuzuki/syosiki/syosiki_01_13.html


この手続は、相続を知った時から3ヶ月以内に手続きをしなければなりませんが、自営業の場合には、仕事上の債権債務の確認なので判断が難しい場合もあります。この場合は、期間内に手続きをすることで延長してもらうことも可能です。(通常、+3ヶ月程度の延長が認められます)

相続放棄について
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/kazi/kazi_06_13.html
相続放棄の選択期間延長
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/kazi/kazi_06_25.html


書類さえ揃えることが出来れば、書類は郵送でも大丈夫ですので、必ずしも裁判所に足を運ぶ必要はありません。もし手続きに不安がある場合や、なかなか時間が取れないということでしたら、司法書士さんに依頼されると良いでしょう。


なお、死亡に伴い支払われる保険金や弔慰金は相続財産ではなく、親族等に直接支払われる場合が一般的です。この場合は、相続放棄をしても当該弔慰金等は受け取ることが可能ですので、弔慰金規定や契約約款等をご確認下さい。


ご参考になりましたら幸いです。

法律 についての関連する質問