JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

高校の英語教員(女・31歳)です。 以前から生徒とあまり仲良くないクラスでの授業中に起こったことについて、質問です

解決済みの質問:

高校の英語教員(女・31歳)です。
以前から生徒とあまり仲良くないクラスでの授業中に起こったことについて、質問です。
その日は外国人教員が主導でゲームをしていました。ゲームの1つに、教科書の単語を紙に書いて、丸めてボールにしたものをお互い投げ、もし当たったら、そのボールを広げて単語を読んでからまた誰かに投げよう、というものがありました。少しゲームとして成り立つか不安でしたが、外国人教員が自分で考えたゲームを是非やってみたいよう だったので、させてみました。
しかし、ゲームが始まった途端、何人かの男子生徒がその外国人教員にボールを投げ出し、最後にはある生徒を発端に私にもいくつも投げてきました。生徒同士で投げ合いはほとんどなかったと思います。私は最初に投げてきた生徒にいくつか投げ返し、そのボールの1つがある生徒に当たり、またその生徒が近づいてきて、私に投げました。私も投げ返し、その時私の指が彼の頬をかすめました。すると、彼がきれて、私の腕をつかみ、後ろの黒板に抑え込んできました。それ以上のことにはならず、その日の終わりにその生徒と2人で話し、謝罪の言葉はありましたが、なんだかこのままで済ませてよいのか、釈然としない気持ちが残ります。一応担任、学年主任の先生には報告しましたが、「特別指導」にするには難しい、こちらの対応も突っ込まれると言われました。法的にはどのような対処ができるか、もしあれば教えていただきたいのですが。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

 

> 私も投げ返し、その時私の指が彼の頬をかすめました。すると、彼がきれて、私の腕をつかみ、後ろの黒板に抑え込んできました。

 

>> 「私の指が彼の頬をかすめました」が急迫不正の侵害で、「彼がきれて、私の腕をつかみ、後ろの黒板に抑え込んできました」が、正当防衛ですが、過剰な防衛なので過剰防衛(刑36条2項)に当たると思います。

 

 彼は暴行罪(刑208条)に当たります。暴行とは、人の身体に対する不法な攻撃方法の一切をいい、その性質上傷害の結果を惹起すべきものであることを要せず、着衣をつかみ引っ張るなどは暴行に当たります(大判昭8.4.15)。

 

 しかし、彼が14歳に満たない場合は責任能力を問えませんから不可罰です(刑41条)。

 

 そして、責任能力を問える場合でも、過剰防衛であれば、その刑は減軽又は免除されます(責任減軽事由)。

 

 

 

>ゲームの1つに、教科書の単語を紙に書いて、丸めてボールにしたものをお互い投げ、もし当たったら、そのボールを広げて単語を読んでからまた誰かに投げよう、というものがありました。少しゲームとして成り立つか不安でしたが、外国人教員が自分で考えたゲームを是非やってみたいよう だったので、させてみました。

 

 

>>教諭には生徒の指導・監督の権限が付与されると共に、生徒が安全かつ快適に学習できるような環境を整える注意義務があります。また生徒の学習権(教育を受ける権利 憲法26条)に協力する義務もあります。

 

 当該ゲームが現場での興奮等によりケンカを誘発しやすい危険なものであることを認識しつつ教科内容として提供したことに、質問者側の落ち度がある(注意義務違反=過失)と認定される可能性があります。

 

 法的に気づくのはこれくらいです。

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございます。

どうも、こちらの落ち度の方が大きいような印象を受けました。

この問題は、収まったのであれば、深入りしない方がよい、ということでいいでしょうか。

専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

>ゲームの1つに、教科書の単語を紙に書いて、丸めてボールにしたものをお互い投げ、もし当たったら、そのボールを広げて単語を読んでからまた誰かに投げよう、というものがありました。

 

>ゲームが始まった途端、何人かの男子生徒がその外国人教員にボールを投げ出し、最後にはある生徒を発端に私にもいくつも投げてきました。

 

>>光景が目に浮かぶのですが、少しヤバイ感じの授業ですね^^。これは子供は興奮して、

しまいにはだれかれの区別なく飛び掛っていったりしますよ。

 

 確かに先生方には、自分のご方針で授業を行う自由がありますが、例えば研究授業のときに、玉のぶつけ合いをするかといえば、noだと思います。

 

 生徒は子供ですから、異常に感受性が強く、大人なら何でもないことでも普通以上に興奮することもあるでしょう(エロ本を未成年者に閲覧禁止するのも同じ理由です)。

 

 

 私も中学の修学旅行で冗談で帽子をこづいたこづいてないが発端で物凄い殴り合いの大喧嘩になったことがあります。

 

 やはり、こちらも非があるということで、少し様子をみられたらいかがでしょう。

 

 

 

kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問