JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。事務所経営者。裁判所事務官・地方公務員上級職等合格。
62133260
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

初めてメールします。 北村と申します。 父と母が離婚し20年近く経ちます。 父と私達姉妹は結婚するまで同居

解決済みの質問:

初めてメールします。
北村と申します。

父と母が離婚し20年近く経ちます。
父と私達姉妹は結婚するまで同居し
その父も6月死去しました。(少しですが遺産もあります。)

母とは連絡していましたがその母が生活費を援助して欲しいと言って来ました。
親子間で養育しなくてはいけない法律があるように思いますが
どのくらい援助すればよいのでしょうか?

私達には子供もいて限度があります。
どうのような形にしたほうが良いか
アドバイスお願いします
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shonansolicitor 返答済み 6 年 前.

  親は子供が未成年の内は扶養する義務があるのはご存知の通りですが。

 

  子供も親が年老いたら扶養することに一応法律上はなっています。しかし、この扶養義務は努力目標みたいなものです。昨今の経済事情からして、子供は親を扶養することは現実的には大半の方が無理だと思います。

 

  お金の問題ですから「ない袖はふれない」というのが実際のことろではないでしょうか?

 

  遺産が少しあるとのことですが、お母様はお父様が亡くなった時、妻ではなかったので相続権はありません。

 

  従って、仮にもしその遺産からお母様にも多少差し上げるとしたら、贈与になります。

 

  どれぐらいお父様の遺産があったかは分かりませんが。贈与は総額110万円までは非課税ですが、110万円を超えると贈与税がかかるそうです。

 

  現実的に、月々お母様に生活費を差し上げのが大変でしょうから、遺産から110万円を限度に贈与してさしあげるのも方法の一つかと存じます。

 

  ご参考になりましたら、「承諾」をお願い致します。

shonansolicitorをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問