JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 987
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

私(札幌市在住57歳長男)の母(勇払郡むかわ町在住82歳)の土地に、隣接の貸家(隣家の持ち家・現在人が住んでいる)に

解決済みの質問:

私(札幌市在住5 7歳長男)の母(勇払郡むかわ町在住82歳)の土地に、隣接の貸家(隣家の持ち家・現在人が住んでいる)に、引かれている水道管が通っていることが先日わかりました。本管から続く水道管から水漏れがあり、母の家に水たまりができて判明しました。母の通報ではありませんでしたが、水漏れ箇所を探す作業・水漏れの仮止めを行ったようです。この作業は、「どのような経緯で始めているのか。」母に詳しい説明はありませんでした。作業員の方に聞いても「依頼をうけてやっているのだけなので、わからない。」という返答でした。その後、母が町の水道課に連絡して「我が家(母の家)の水道管でないのならば我が家(母の)土地の地中を通さないでほしい」と言ったところ、「水道管が他の所有者の土地も通っているので、それはできない。」という返答でした。今後また、どこから水漏れするかわからないし、老齢の母が一人で住んでおり、今後のことを考えると、是非とも他人の水道管は、母の土地から撤去してもらいたいのですが、できないものなのでしょうか。この水道管は昭和40年頃に敷設されたもののようです。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 6 年 前.
その水道管の埋設について地役権の登記がされているかどうかと、設置された際の経緯、そしてお母さんが土地を入手された経緯とによって結論が異なってきます。
なお、ところどころ《親族》という記載がありますが、これは親族からの相続でお母さんが土地を入手されて、現在に至る場合を想定した記載です。たとえ親族であっても売買契約で譲り受けた場合は異なりますのでご注意下さい。


1.水道管の埋設について地役権の登記がされている場合には、撤去を求めることができません。この登記がある場合当時の所有者の承諾があったということになりますので、前所有者が水道管の設置を承諾していたか、当時お母さん(又は親族)の所有であったのであればその設置について承諾をされていたおられるか、ということになります。土地の登記簿に記載がありますので、購入時にも説明を受けておられるはずです。

《以下は全て地役権の登記がされていない場合》
2.もしお母さん(又は親族)が水道管設置後に第三者から土地を購入され、その際水道管についての引継ぎを全所有者から受けていなかった場合
撤去を求めることが可能です。念のため、当時の土地の権利関係書類をご確認下さい。

3.お母さん(又は親族)が所有されている間に水道管が設置されていた場合、無断で設置ということは通常考えにくいですので、設置の承諾をお忘れになっているか、親族からの引継ぎがされていない可能性が高い用に思います。承諾していたのであれば、撤去を求めることはできませんが、当時の設置経緯を確認される必要があるでしょう。

ご参考になりましたら幸いです。


houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問