JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 988
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

よろしくお願い致します。 8月に空き巣にはいられ金品を盗まれました。その後犯人が捕まり警察から盗品を確認して受け取っ

解決済みの質問:

よろしくお願い致します。 8月に空き巣にはいられ金品を盗まれました。その後犯人が捕まり警察から盗品を確認して受け取ってほしいといわれました。    私としては精神的にもう関わりたくなく、盗品も確認したり受け取ったりしたくないと警察の方に話したのですが、それはできないといわれ、被害届を取り消すことになるといわれました。       警察に行かないとそういうことになるのですか? おしえてください。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 6 年 前.
被害届というのは、法律的に特に意味を持つものではなく、犯罪被害にあったことを警察に知らせることで捜査の参考にしてもらうための情報提供に過ぎません。被害届を提出したからといって、ご相談者様や捜査機関に、なんらかの権利や義務が生じるものではありません。
犯罪被害者が、特に捜査・処罰を求める場合には告訴状を提出することになります。この場合、捜査機関は捜査を行う義務があります。

従って、被害届を取り消すことに なるというのも法的には全く意味のない発言ではありますが、事件を処 理するためには、警察として、被害者であり、情報提供者でもあるご相談者様の協力は欠かせません。ご相談者様に、現物の確認や調書の作成などに協力してもらえないとなると、仮に被疑者(犯人)が窃盗を認めていたとしても、事件として告訴等を行うことを断念せざるを得ない可能性があります。それは被疑者がいま事件を認めていたとしても、いざ裁判が始まってからやっていないと否定しだすこともあるため、そういうことが起きないように、一つ一つ細かい点まで裏付け捜査を行う必要がある為です。
従って、ご相談者様の協力が得られないのであれば、十分な捜査活動が出来ないことから、せっかく捕まえた被疑者を釈放せざるを得ないという可能性もありますから、このことをわかりやすくするための表現として、被害届を取り消すことになるという言葉を使われたのではないかと思慮致します。

例えば、ご相談者様の自宅で盗まれたもののひとつに腕時計があったとします。被疑者がたまたま、よく似たデザインの腕時計を、ご相談者様の家から盗んだものだと嘘の証言をしました。被害者による現物確認はないが、被疑者の証言があるので裁判を始めたところ突然無罪を主張し始めました。
裁判が始まってから、その腕時計のシリアルナンバーから、被疑者自身が時計店で購入したものであることがわかりました。警察官に脅されて、事実とは異なるが、仕方なく調書にサインしました、などと証言するかもしれません。すると、他のものは本当に盗品で、嘘がこの腕時計だけだったとしても、裁判官に対しての印象としては非常に悪くなってしまいます。警察の捜査不足であるとして無罪判決が出てしまうということもあり得るわけです。

ご参考になりましたら幸いです。
houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問