JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表。
60879286
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

はじめまして、離婚に関する相談です。長年に及ぶ夫の不貞行為の上「好きな人がいる。」と告白されました。小学一年の息子が

質問者の質問

はじめまして、離婚に関する相談です。長年に及ぶ夫の不貞行為の上「好きな人がいる。」と告白されました。小学一年の息子がおり離婚はしないと言いましたが、私としては二人目を望んでおり考えて欲しいと伝えましたが、「無理だ。」と言われこのまま一緒にはいられないと思い慰謝料・財産分与の話になりきちんと 支払うと言われたので夏休みの間にアパートに引っ越しましたが、今になって当初の金額は払えないと言われてしまいました。引越しの時に100万円・養育費5万円・慰謝料・財産分与7万を息子が22歳まで公正証書を作成予定です。確かにそのほか息子の学資保険を支払い満期には全額渡す約束です。(私が5年間払いました。あと8年です。)私は、精神的苦痛と仕事、ローンが終わったばかりの家を失いました。精神的に不安ですが、来週には離婚届けを提出してほしいと言われています。このまま泣き寝入りするしかないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.
こんにちは、行政書士のyorozuyaです。質問を投稿いただき誠にありがとうございます。ご質問への回答は下記の通りになります。わかりやすい回答を心がけておりますが。ご不明な点などありましたら、お気軽にご返信ください。

条件に納得できないのであれば離婚届への署名押印に応じないのが一番ですが、相談者様としては、応じなければいけない事情があるのでしょうか?

当初の条件が無理だとしても、すべてが払えなくなるわけではないと思います。

具体的に、何をどのように変更したいのかを確認し、支払う期間 を延長するとかして慰謝料や財産分与の総額を変わらないようにしたら良いと思います。

相談者様が離婚届の提出を急いでいないなら、じっくりと条件を詰めたらよいと思います。

婚姻期間中に形成した財産の内訳が分かりませんので、当初の約束が過大であったのか、妥当な程度なのか判断付きませんが、旦那様の月収が50万円あるなら、お子さんの養育費5万円はそれほど高い額ではないと思います。

住宅ローンの無い家に旦那さんがこれからも住むなら家賃もかからないでしょうし、十さんにどれくらい現在の生活費に無理があるのかを確認されたら良いように思います。

落ち着いて、丁寧に、事実を確認しながら協議を進めてください。

以上、お答えします。

参考になりましたら幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

わかりやすい回答ありがとうございます。私自体は離婚を急いでいません。もちろん結婚生活の中で浮気はもちろん現在お付き合いしている方もいません。私も夫のスーパーで勤務し月収20万円を貰っていましたが、食費や雑費・交際費に加え夫の足りない分の 支払いなどで貯蓄がありません。車もくれると言っていますが10年経っており維持費がかかります。確かに私も甘かった部分はありますが、職を失い収入がなく子供のお迎えの時間など考えると仕事も限られ、収入も限られる事から不安です。まだ子供には離婚の事を話しておりません。きちんと伝えるべきでしょうか?

専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

お子さんはまだ小さいようですから、伝えることでお子さんが不安定になるようなら控えたほうがよいように思います。

 

正式にすべての条件が整ってからで良いのではないでしょうか?

 

不貞による離婚ですから、有責の配偶者である旦那さんからの離婚請求は、裁判であってもそれなりの条件を提示しない限り容易には認められません。

 

1、婚姻期間における別居の期間が相当に長いこと。

 

2、未成熟子がいないこと。

 

3、相手方配偶者が離婚により精神的、社会的、経済的にきわめて苛酷な状態におかれるなどの離婚請求を容認することが著しく社会正義に反すると言えるような特段の事情の認められないこと。

 

以上が有責配偶者からの離婚の3要件と言われています。

 

分与される財産がなく仕事が決まっていない状態で家を出たのであれば、扶養的な財産分与・慰謝料として離婚後の一定期間の生活費の保障を受けることもおかしくないことです。

 

ローンの終わった家も分与の対象になります。

 

財産分与・慰謝料として7万円を22歳までとすると、15年間でしょうか?

 

1260万円が慰謝料と財産分与の総額になります。

 

預貯金の蓄えがないとすると、分割でもらうよりないと思います。

 

まずは、相手の希望する支払方法を確認し、受け入れられないなら、調停での話し合いも検討されてはどうでしょうか?

 

相談者様には落ち度がないと思います。

 

急ぐ理由がないなら、落ち着いて話を進めるようにしてください。

 

以上、お答えいたします。

質問者: 返答済み 5 年 前.

何度もすみません。夫の保険の死亡金受取人(1000万円)を息子に変更してくれたのですが、公正証書に記載しない方がいいのでしょうか?契約者も夫なので後々変更されたり、解約されたりするのではと不安です。公証役場の方は「関係ないので入れない方がいいです。公正証書代が高くなりますよ。」と言われましたが、離婚している身内は死亡保険金のうちの半分と記載しているようです。担当の方で意見が違うのでしょうか?

専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

そうですね、生命保険は後でどのようにでも変更することが出来ます。

 

保険料の滞納があれば契約は失効になりますから、絶対ではありません。

 

効力のなかったもののためにお金を払っていたことにもなりかけません。

 

あえて公正証書に明記する必要はないかもしれません。

 

公証人によって意見や見識が違うのが否めません。

 

急がずに一つずつ確認してゆきましょう。

sakurabitoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
回答承諾の件ですがチップというのは相談料とは別にかかるのでしょうか?
専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

「承諾」いただければ十分でございます。

 

「チップ」とは「ボーナス」の事でしょうか?

 

ボーナスは任意の追加支払いになりますので、相談者様がボーナスの支払いを希望されないときは何もしなくてよいと思います。

 

それ以外の疑問につきましては直接サポートにメールでご確認いただいた方が確かと思います。

 

承諾いただき、ありがとうございました。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

夫が金額で折り合いがつかない場合は裁判して親権も考えるとおどしてきます。現在私は失業中で失業保険の申請をしています。裁判になった場合私が親権を失う可能性は高いのでしょうか?金額は養育費5万財産分与+慰謝料7万です。当初プラス子供の学資保険27000円(後8年)支払う約束でしたが学資保険込みで12万にしてほしいと言ってきました。

妥協したくないのですが親権を奪われるのは避けたいです。私に勝ち目はありますか?

 

専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

すでにお子さんと二人で別居されているのですよね?

何の落ち度もない母親の親権が認められない可能性は限りなく低いと思います。

 

不貞による離婚ですから、有責の配偶者である旦那さんからの離婚請求は、裁判であってもそれなりの条件を提示しない限り容易には認められません。

 

1、婚姻期間における別居の期間が相当に長いこと。

 

2、未成熟子がいないこと。

 

3、相手方配偶者が離婚により精神的、社会的、経済的にきわめて苛酷な状態におかれるなどの離婚請求を容認することが著しく社会正義に反すると言えるような特段の事情の認められないこと。

 

以上が有責配偶者からの離婚の3要件と言われています。

 

分与される財産がなく仕事が決まっていない状態で家を出たのであれば、扶養的な財産分与・慰謝料として離婚後の一定期間の生活費の保障を受けることもおかしくないことです。

 

ローンの終わった家も分与の対象になります。

 

収入の多い少ないは親権者を判断するうえで最優先事項ではありません。

 

現在、相談者様がお子さんと二人の生活を行っているなら、それが何よりも有利な材料です。

 

財産分与についてはどのような話しになっているのですか?

 

家は分与や慰謝料の話し合いの中で考慮の材料になっていますか?

 

法律 についての関連する質問