JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。事務所経営者。裁判所事務官・地方公務員上級職等合格。
62133260
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

貸したお金が回収できません。 金額は約1500万。返す!と言いながら約束は守らず、少し強い態度で返済請求すると、逆

解決済みの質問:

貸したお金が回収できません。
金額は約1500万。返す!と言いながら約束は守らず、少し強い態度で返済請求すると、逆に攻撃的な態度。言い訳、その度に、違う話。個人的な貸付と、会社の仕入代金が明確ではないだの・・・関係な い話で、いちゃもん。「ちゃんと返す」の言葉だけの繰り返し。
弁護士さんにお願いして、裁判しても回収できない場合、経費が持ち出しになるとのこと。
返すと言っているのと、少しは返済したので詐欺にもならないとか?
最初から騙す気だったと感じられ、誠意も見えません。対応するだけで、電話代や、移動交通費、時間と出費がかさむし、うんざりするので他の人に債権を譲渡して関わりを断ちたいと思います。問題ないでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.
はじめまして。shonansolicitorと申します。宜しくお願い致します。

 

  ご相談の件ですが、一括で返済してくれれば理想ですが。一括がご無理なら、何度かに分けて返済する「分割弁済」にするという方法もありますね。

 

  その時は必ず、強制執行認諾文言付きの公正証書を作成すべきだと思います。

 

  解決策としては①内容証明(通告書)②支払督促③民事調停④民事訴訟の4種類があります。

 

  残債務の支払いを①一括かまたは強制執行認諾文言付きの公正証書による分割弁済にする旨の通告書を、行政書士か弁護士に作成してもらい出してもらってみては、いかがでしょうか? 

 

  内容証明郵便による通告書は、行政書士か弁護士等の専門家に依頼すると通常数万円の費用がかかりますが。

 

  今まで法律の専門家がこの債権・債務問題に関与していないとしたら、法律家作成による①の通告書(内容証明)でも、それなりの効果があると思います。

 

   ①の中で、一括か分割払いについて期日までに返答がない場合は③調停または④訴訟を考えている旨の文言をいれておけば、良いと思います。

 

   ④の訴訟は、貴方も先方もなるべく避けたいと思いますので、①の通告書で、公正証書の作成に応じてくる可能性はそれなりにあると思います。

 

   ②の支払い督促は、相手が②に異議がある場合は④へ移行せざるを得ないのが欠点ですね。

 

  ①の通告書が効を奏し、強制執行認諾文言付きの公正証書の作成に応じてくれれば理想ですが。応じてくれない場合でも、①の通告書はは③の調停や④裁判の時の有効な資料として機能します。

 

   専門家に依頼して通告したにも拘わらず、反応がなかったので、③調停や④裁判に踏み切ったということが公的に証明されますので。

 

  電話での督促は録音させていないと証拠にはなりません。メールは一応の証拠にはなりますが。  法律家に依頼して作成された通告書と貴方と相手とのメールのやり取りでは、貴方の本気度にも違いがあると世間ではみられるのではないでしょうか?

 

  因みに、③と④の違いですが、③の調停は相手が出席してくれないと不成立です。④の訴訟は、相手が欠席でも審理は進められます。

 

   ③調停は自分で申し立てをする方も多いですが、④は裁判ですから、通常は弁護士に依頼することになります。

 

  なお、お金の支払の問題ですから、相手方の経営状況が劣悪で、本当に払えない状況なら、「ない袖はふれない」ということにもなりかねません。

 

  従って、相手の状況を冷静かつ的確に見極まる必要があると思います。 まだ、払える状況だとしたら、比較的厳しく取り立てる相手から優先して払い、取立ての甘いところは、後回しにしている可能性が高いと思います。

 

  法律家を利用しての取立てでないので、かなり甘い請求のように感じました。裁判も起こしかねない通告書が弁護士等の法律家から来たら、普通の方ならかなりあせりまくりますが。。。

 

 

  ご参考になりましたら、幸いです。上記回答にご納得いただけましたら,「承諾」のお手続きをお願いいたします。ご不明な点がございましたら、再度お尋ね下さいませ。

 

 

専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

 shonansolicitorです。  上記の回答の補足をさせて頂きます。

 

  貴方Aさんから他人のCさんに債権を譲渡するのは問題ありません。買ってくれるCさんがいれば。 上の回答は買ってくれるCさんがいない場合の回答です。

 

  なお、買ってくれるCさんがいた場合は、債権をAさんがCさんに譲渡した旨を相手のBさんに文書で通知してあげて下さいませ。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございます。

Bさんとの関わりが切れるなら・・・

 

買ってくれるCさんと、Aとの間に譲渡契約みたいな文書とかは必要ですか?また、この場合、いくら位の金額が妥当ですか?

専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

   Cさんがその債権を買ってくださるなら、AC間でAさんがCさんに債権を譲渡した旨の契約書を、金額が大きいのでキチンと作った方が良いと思います。(民法466条参照)。

 

  更に、AさんからBさんに、債権をCさんに譲渡した旨の通知を内容証明郵便で出すのが正式なやり方です(民法467条)。

 

 

  費用ですが、事務所によって金額に多少差があると思いますが。参考までに当事務所の場合、債権譲渡の契約書が4~5万円ぐらい。 Bさんへの債権譲渡の通知(内容証明)が2~3万円ぐらい。合わせて、6万円~8万円ぐらいでしょうか?

 

 

  依頼は弁護士か行政書士のいずれかになります。お知り合いに弁護士や行政書士がいらしたら、その方にご依頼かたがた相談してみて下さい。

 

  お知り合いに弁護士や行政書士がいない場合は、地元の弁護士会や行政書士会にお電話をして紹介してもらうか、HPから探してお電話してきてご相談してみてください。

 

   ご参考になりましたら、「承認」をお願い致します。

shonansolicitorをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問