JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表。
60879286
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

HIV

質問者の質問

回答いただきありがとうございます。

支払能力、勤め ていない状況です。本人は、HIVを理由に働けないからとして平然としています。しかし、他の集会などには参加しているようで、働けない状態ではなく、働こうとしていない状態です。専門家にお願いするよりも、簡易裁判所での申請が良いのでしょうか?
簡易裁判所での申請は、個人で出来る内容でか?

10月末日までの段階で、新たな文書交換をしませんでした。
質問ですが、簡易裁判所でも申請関して、不誠実さを理由に、全額返済を要求出来るものでしょうか?これについても返答をお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

最初のご質問に、金銭的に余裕がないと書かれていましたので、専門家に依頼しないで対応できる方法を最優先に考慮してお答えいたしました。

 

一番最初に交わした借用書には支払いが遅れたときの条項はどのように書かれていますか?

 

20万円+分割の弁済を決めたときには、実行できないときにはどのようにするか決めましたか?

 

簡易裁判所の手続きは、基本的にはご自身で可能です。

とはいえ、精神的に負担であるなら、司法書士あるいは弁護士に依頼することも可能です。

 

今回の案件は、60万円ですので、弁護士のほかに、簡易裁判所代理権を持った認定司法書士でも対応できます。

 

別件の相談ですが、

 

相手に40万円を渡したことを相談者さまの方で証明できますか?

返済を求めるやり取りは書面やメールで残っていますか?

相手を特定出来るようやり取りがあるなら請求することは可能でしょう。

 

もう一度、相手の住所氏名、お金の返済義務があることを明記する書面で、内容証明による形に残る方法で返還請求し、相手の対応次第で警察に詐欺に当たるかどうか相談されてはどうでしょうか?

 

回答への再質問は、新しいスレッドを立てないで同じスレッドに続ける形でご質問頂いた方がよろしいかと思います。

 

以上、お答えします。

法律 についての関連する質問