JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 975
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

10/7

解決済みの質問:

10/7日に信号待ちで停車していたら 後続車に追突されました。車から降りた加害者は私に「怪我はないですか?」や「大丈夫ですか?」など相手を思いやるきもちも無く、それどこか「警察に通報しますか?」の問いに「もちろんです」と答えたら逃走したのです。とっさに携帯でピントがぼけていたけれど加害者の逃走車を写したことで警察から捜し出してもらえました。車は直りましたが、 未だに信号待ちで、また追突されるんじゃないかという不安感・ストレスが取り残されています。この場合、相手に慰謝料を請求できるのでしょうか?出来る場合、どのように手続きするのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 5 年 前.
今回は、通院等はされておらず、物損事故で処理されているということでよろしい
でしょうか?

相手に対して損害賠償を求めるためには、その損害を被害者が立証しなければなり
ません。今回の場合、不安感・ストレスとのことですが、これが、どの程度のものであ
るのかや、客観的に評価できるかということが問題になります。
また、ストレスというのは日常生活全般で発生しうるものですから、その点も厄介です。
交通事故で死にかけた、身体的に後遺障害が残っていて、現在も入院中だというような
状況であれば、因果関係もわかりやすいですが、ご質問を拝見している限り、そのような
事故ではないように見受けられます。
つまり、医師から、何らかの精神疾患が発生していると診断を受けるのことが前提となり、
その上で、その主な原因が交通事故にあったことを証明し、人身事故としての対応を
していく必要があります。

なお、軽傷であったとしてもすでに人身事故として処理されているのであれば、ひき逃げ
事件としての不誠実な対応を理由に、通常の慰謝料にいくらか上乗せして貰う形での
示談交渉は可能でしょう

ご参考になりましたら幸いです。
houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問