JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4767
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

墓地のことで教えて頂きたいことがあり質問させて頂きます。 私は寺院で副住職を務めさせて頂いているものです。 住職

解決済みの質問:

墓地のことで教えて頂きたいことがあり質問させて頂きます。
私は寺院で副住職を務めさせて頂いているものです。
住職は祖父で、現在86歳と高齢です。

5年前から引き継ぎをはじめ、用意されてなかったお墓の地図などを作成し
規約も作り、私がきてからの墓地の手続きは書類を通しております。

今回問題が起こったのは昭和63年にMさんという方が購入された境内墓地についてです。

M家は当時まだ亡くなった方がおらず、M家の兄妹が当山墓地を購入するのを知り
昭和63年に60万払い、墓地を購入しました。金額と広さのみ記載した領収書があります。
ですがこの場所と証明する書類はありません、口頭 のみです。

それっきりM家とはお付き合いは途切れ、また墓地管理料の払いはなく、
(そんなこと知らなかったと仰っています)
また行事などにも参加されることはなかったため、当山の名簿には記載されていませんでした。
また購入された墓地は、浅く囲いだけがしてあり、墓石は建てておりません。

最近になって、別の方がそこの場所を使いたいと言ってきました。
住職は高齢のせいか、そこの墓地の使用者を忘れており、
また私も名簿などで全檀家に確認などを取りましたが、そもそも名簿に記載されていなかったため、M家のことは知らないままでした。
断る理由がなかったため、その方にM家の墓とされている所の使用権を与えました。

それを知ったM家が、その場所の使用権の返却を求めてきました。
私は事情を説明し、M家の墓地予定地の、隣のところがあいているから
そこを使用して下さいとお願いしました。
ですがM家は、どうしてもここがいいと譲りません。
墓地管理料の件などを話しても、聞き入る耳をもってくれません。

この場合、法律上はどうなのでしょうか。
またどのように言えば、隣に移って下さるように説得できますでしょうか。

困っております。ご教授頂ければありがたいです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

よくある水掛け論として、大変お困りのことと存じます。

ご心痛お察し申しあげます。

昭和63年ですから、もう20年以上も前のことですから

証拠の問題は難しいでしょうが

私は葬祭カウンセラーもしておりまして

最近の一般の方のお墓や葬儀やお寺に関する興味は

昔と異なり相当のものがあります。一つのブームみたいのは

あります。そういう意味では、対応を間違えると

変な噂が、お寺に流れて今後のお寺の活動に影響が出ないとも言えません。

一つは、騒いでいる相手方を説得しようとしても

お金も実際に支払って領収証もあれば

権利の主張ばかりで火に油を注ぐことになりかねません。

ましてや、お墓も立てて無い、お骨もないでは

管理費がいるのはおかしいなんて言う方便も通じる可能性はあります。

多分、当時はあまりそのあたり深く追及しないので

お互いになあなあになって契約書も何もないのでしょうね。

そういう意味では、新しく契約された方に、移動などをお願いしてみるのも

手だと思われます。まっこれも難しいことだとは思いますが。

一般的には、販売した方も管理が行き届いていなかったことと

墓地管理料を何で今まで請求せずにいたのかとか

いろいろもめることはあると思います。

ここは不利になるかもしれません。

仮に違う場所の場合でも、相手が得になるような場所と交換条件を

出せば考え直すかもしれません。

後は、慰謝料などつけて、料金を返金するかですね。

お寺と争って、そのお寺のお墓に入りたいと本気で考える人は

いないとも思いますが

もめるようなら弁護士の先生を間に入れて交渉していただくことです。

それと管理費は時効が確か5年間の短期消滅時効だと思いますので

相手が時効の援用をすれば未払いの額はあまりとれませんね。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問