JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 975
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

実の父が亡くなりました。父は再婚をし、後妻をもらっています。

解決済みの質問:

実の父が亡くなりました。父は再婚をし、後妻をもらっています。 亡くなった後、遺産分割協議書を作成し、法定相続人全員合意のもと、遺産分割されました。しかしその後、後妻が保険会社から払われた、入院給付金のお金を隠し持っていたことが判明しました。 具体的に申し上げますと、父が亡くなる1か月前に、保険会社(がん)から入院給付 金が父に対して給付されていました(保険会社に確認済み)。死亡保険金は、後妻になっています。死亡保険金は相続の対象にならないことは存じています。この給付金は、父の口座に入金されていたのですが、父が亡くなる10日ほど前から毎日、カード出金限度額まで出金をし、何日間にわたって引き出していました。私たちは、入院給付金の存在を知りませんでした。遺産分割協議書を作成する際に、後妻は「父の通帳で金額が少額なものは燃やしたものがある。」と言っていたので、金融機関何社かに口座履歴紹介を依頼していました。その銀行情報で、この事実を知りました。 遺産分割協議書には、「後日判明した遺産は○○のものとなる」と明記しています。後妻は「この分は私のものだ。絶対に渡さない」と言っています。遺産分割協議書作成時に、教えてもらえれば、その分も法律に基づき、後妻は1/2相続できましたが、わかっていたのに、言わなかった。隠していた。ということになります。 話し合っても解決がつかず、訴えようと思いますが、どのような解決になると予想されますか?訴えても意味はないでしょうか?お尋ねいたします。

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 5 年 前.
入院中に数万円ということでしたら、夫婦の生活費を引き出したとも考えられ
ますが、出金限度額まで何度もということでしたら、かなり高額な金額を隠されて
いたということですね。

後妻さんの行為は、ご相談内容を拝見する限り、故意であると見受けられます。
遺産分割協議書で、あとからでてきた遺産の分割について合意されているとの
ことですが、○○のものになるというのがご相談者様のことということでよろしいで
しょうか?また、他に相続人はいらっしゃるのでしょうか?

「後日判明した遺産は○○のものとなる」との条項ですが、他にも相続人がいら
っしゃった場合には、あくまで少額の財産が出てきたときに都度遺産分割協議
するのは面倒だから定めただけだ、というような反論がされる場合があり、相続
財産の総額や、遺産分割の仕方などによっては、当該財産については遺産分割
協議をやりなおすべきだという判断になることもあるでしょう。しかし、相続人が
ご相談者様と後妻さんのみであるか、他の相続人が異議を述べないのであれば、
当該条項が有効であると考えるのが相当であると思慮いたします。

ご参考になりましたら幸いです。
houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問