JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表。
60879286
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

30 13

質問者の質問

ご質問させていただきます。私の叔母・母の姉が30年位前に成人の子持ちの方 と再婚いたしました。夫は13年前に亡くなり、現在叔母は84歳です。叔母には実子は無く、子供達とは絶縁状態です。この子どもが、継子か養子かは不明です。その場合、叔母の相続人は誰になるのでしょうか。また、私の母はほぼ寝たきりで、私が介護しております。おばの面倒はとても看れません。叔母の兄の子も1人、姉の子が2人おります。叔母にとっての兄弟で存命は母1人、甥・姪は計4人です。できれば、市役所から成年後見人を申し立てをして頂き、叔母のこれからをお願いしたいのですが・・・。どうなのでしょうか。お教えくださいませ。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

こんにちは、行政書士のyorozuyaです。質問を投稿いただき誠にありがとうございます。ご質問への回答は下記の通りになります。わかりやすい回答を心がけておりますが。ご不明な点などありましたら、お気軽にご返信ください。

 

叔母様が再婚相手の連れ子と養子縁組している場合は、縁組した子供達が100%の相続人になります。

 

叔母様が再婚相手の連れ子と縁組していない場合で、両親が亡くなっている場合は、叔母様の兄弟姉妹が相続人になります。

 

兄のお子さん1人と、姉のお子さん2人と、相談者のお母様が法定相続人です。

 

成年後見の審判申し立ては本人のほか、配偶者・4親等以内の親族・検察官が出来ます。

 

4親等内の親族がいた場合は、申立人となることが可能であるか意思確認がされます。

上記の申し立て権者がいない場合、申し立て権者に拒否された場合、本人を虐待しているような場合は、市町村長が申し立ての手続きを行うことになります。

 

相談者様を申立人として後見人候補者を士業などの職業後見人とする申し立ても出来ます。

 

申立にかかる費用は原則として、申立人の負担とされていますが、「特別の事情」がある場合は、家庭裁判所は、申立人以外の「関係人」に手続き費用の負担を命ずることが出来るとされており、4親等内の親族で、申立人となることを了承されない方の場合、申し立て費用の負担が障害となっていることが考えられるので、費用負担命令によって、本人負担(今回の場合、叔母様)とすることが出来ます。

 

後見の申し立て手続きについては、以上のケースが考えられますので、一度、家裁に手続きの相談に行かれるとわかりやすく説明してもらえると思いますのでご利用ください。

 

以上、お答えいたします。

 

不足がありましたら、ご質問ください。

 

参考になりましたら幸いです。

sakurabitoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
お答えありがとうございます。実際の所、母、姪・甥ともに後見人になる事は無理だと思います。私以外は、65歳以上で病気を抱えているからです。私は、住んでいるところが遠く、葉hの介護があり、叔母が住む家庭裁判所に通う事も無理です。費用の事もネックでしたが、これは先生のアドバイスでクリアできました。ただ、手続き等も全員無理だと思うので、市役所に 申立人になっていただいて、司法書士の方に後見人になっていただき、叔母のケアマネージャーさんとベストな老後を送って欲しいのです。おばの財産は、私は分かりませんが、全て使ってそうして欲しいのですが、そういうことは可能なのか、市役所にお願いする手順はどうすればよいのかお教えいただきたいのです。ホームに入るにしても、保証人にはなれません。どうかお教えくださいませ。 
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答が不完全.
後見人制度を市役所に前面的にお願いしたい。叔母の今後を私達では看れないので、市役所とケアマネージャーに全面お任せしたいから、その手続きや方法を知りたい。叔母は妄想のある痴呆が出ており、ホームに入れるのに保証人になれといわれて困っている。これらを回避する方法が知りたい。 
専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

ご事情、了解いたしました。

 

現在、叔母様はご自宅にお住まいなのでしょうか?

 

市区町村長からの申立は、支援者や支援機関、関係者などからの発見・連絡・相談・要請によってスタートすることになっています。


想定されているのは以下の機関です。

・親族、隣人、知人、民生委員など
・日常生活自立支援事業の実施機関である市町村社会福祉協議会等、在宅介護支援センター、介護支援専門員、福祉サービス提供事業者や社会福祉法人など
・医療機関、保健関連機関など
・行政機関など
・当事者団体、NPO 法人など
・その他、金融機関、警察など

 

そのようなケースであれば、叔母様の担当をしている民生委員やケアマネージャー・医療機関から強く叔母様がお住まいになっている市区町村の高齢者福祉課などに、身寄りがなく市区町村長からの後見申し立てが速やかに必要であるとして要請してもらうことくらいしかないように思います。

 

社会福祉協議会でも市町村長申し立ての相談を受けているはずですので、まだ相談されたことがないのであれば、一度ご確認されることをお勧めします。

 

市町村長としても市のお金をつかうことになるため及び腰であることが多いと聞きます。

 

粘りずよく、緊急性、必要性を訴えてゆくしかないように思います。

 

 

お答えがお役に立っていない場合。さらに質問を希望される場合は、「承諾」は不要です。

法律 についての関連する質問