JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表。
60879286
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

未成年が無免許で事故を起こしました。出合頭の衝突、相手の車の助手席のドアが大破。 相手も飲酒のため、示談になりまし

解決済みの質問:

未成年が無免許で事故を起こしました。出合頭の衝突、相手の車の助手席のドアが大破。
相手も飲酒のため、示談になりましたが、未成年側の支払いはいくらが相場ですか?
または、どの項目について支払い義務が発生しますか?(相手の車、治療費、慰謝料、など)
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

こんにちは、行政書士のyorozuyaです。質問を投稿いただき誠にありがとうございます。ご質問への回答は下記の通りになります。わかりやすい回答を心がけておりますが。ご不明な点などありましたら、お気軽にご返信ください。

 

自動車事故の賠償責任は怪我の賠償と物の賠償に分かれます。

 

また、賠償責任は、双方の過失の割合に応じたものになります。

 

今回の事故ですが、未成年者の方が運転していた車に自賠責保険がかかっていた場合、自賠責保険を相手のけがの賠償に使うことが出来ます。

 

無免許運転者による事故であっても自賠責保険は使えます。

 

お車の車検が切れていなければ、自賠責保険はかかっています。

 

もし、自賠責保険を使うことを予定していなかったのであれば、確認されることをお勧めします。

 

同様に、運転していたお車に自動車保険が契約されていて、未成年者が被保険者の範囲に入っているような契約内容であるなら、対人と対物の賠償については無免許運転の事故であっても使えます。

 

事故の報告を保険会社にされていない場合は、今からでも事故の届け出をされることをお勧めします。

 

お怪我の賠償についてですが、治療費・薬代のほかに休業損害・慰謝料・通院費・文書代などが賠償の対象になります。

 

車については、相手の車の損害が対象となります。

 

怪我も車の損害も、過失割合分が賠償義務の範囲です。

 

事故と詳細な状況がわかりませんが、仮に過失割合が5:5であるなら、相手の損害の半分を負う責任があります。

 

逆に相手も未成年者側の損害の半分を賠償する義務が生じます。

 

相手方の治療期間が長引くときは健康保険の利用をお願いしてください。

 

健康保険を使うことで、診療単価を下げることが出来、結果として総損害額・賠償すべき額を下げることにつながります。

 

 

自賠責保険が使えれば、怪我の賠償120万円カバーできます。

 

自賠責保険の場合、被害者の過失割合が7割未満であれば、120万まで全額支払われます。

 

自賠責保険の支払い基準については損害保険料率算出機構にわかりやすく紹介されていますのでご確認ください。

 

傷害による損害

 

物の損害についてですが、相手方車輛の修理見積もりなどは確認できていますか?

 

本来は、見積もりあるいは修理後の請求書をもとに賠償すべき額を取り決めて示談します。

 

根拠もなく言い値で請求されるたびに支払う行為は、相手の思うつぼのように思います。

 

こちらに無免許という負い目があったとしても、相手の言いなりになって賠償する必要はありません。

 

確認すべきことは確認し、不当と思える要求には毅然とした対応をされるようにしてください。

 

車輛、お怪我ともに、示談交渉がまとまった時は示談書を取り交わし、後の不当な請求が行われないようにしてください。

 

とりあえず、自賠責保険・任意保険について確認・手続きをされていない場合は速やかに行うことをお勧めします。

 

以上、お答えいたします。

 

不足がありましたらご質問ください。

質問者: 返答済み 5 年 前.

わかりやすい回答ありがとうございます。

 

双方共に、違反を問われず、

自賠責、任意保険は示談の時に、使用できると解釈してよろしいですか?

保険の確認を行わせます。

支払い済みの95万については、保険のほうで返ってきますか?

専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

行政処分と保険の使用は別問題です。

 

飲酒運転と無免許運転はいずれも過失割合の修正要素になりますが、今回の事故は双方がそれぞれ修正要素を持っているのでその点についてはお互い様です。

 

保険が掛かっているなら使えます。

 

自賠責、任意保険ともに、保険が使えるなら速やかに事故の報告・手続きの相談を行い、保険会社の指示に従って今後の対応・示談を行うべきです。

 

勝手に被害者と示談をしても全額を保険会社がカバーしないケースも考えられます。

 

95万円が妥当な支払であるなら、回収することは可能とおもいます。

 

まずは、自賠責・任意保険が使えるか確認し、使えるなら保険会社の指示を仰ぐ、任意保険なら保険会社に対応を任せることをお勧めします。

sakurabitoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問