JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表。
60879286
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

義父がなくなり、田舎の妻の実家に義母が暮らし、その近くのアパートに義弟夫婦が住んでいますが、義父の遺産相続で、悩んで

解決済みの質問:

義父がなくなり、田舎の妻の実家に義母が暮らし、その近くのアパートに義弟夫婦が住んでいますが、義父の遺産相続で、悩んでいます。義弟も義母も計画性 がなく、義父の死後数ヶ月の間に義父の貯金をカードで下ろしているようです。義弟からせびられて金を渡している様です。将来が心配で妻が義弟と、義母、義弟の妻宛に「妻が遺産の相続権を放棄する代わりに義弟夫婦、義母は今後一切の経済的援助、介護、看護を要求しません」との念書を作って送り、捺印して送ってくれと言ったところ、義弟から妻に遺産分割協議書と念書が送られてきました。念書は義母と義弟の名前のみが入っており、義弟の妻は相続権、介護の義務がないので名前を消したとのことでした。
遺産分割協議書には義母が預貯金を相続し、義弟が家、土地を相続、妻は相続しないというものです。
将来万一義弟が義母より先に亡くなった場合、預貯金を使い果たした義母が行き場所がなくなるのではないかと心配しております。また、このような念書は法的な効力がないと思うので義弟が生きていても、義母が預金を使い果たした場合、義母が追い出されてしまう可能性もあると思っています。義母が介護が必要になったときのために遺産の一部を残しておく方法はないでしょうか?(数時間前に同じ相談を送ろうとしたのですが、うまくいきませんでした。)
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

こんにちは、行政書士のyorozuyaです。質問を投稿いただき誠にありがとうございます。ご質問への回答は下記の通りになります。わかりやすい回答を心がけておりますが。ご不明な点などありましたら、お気軽にご返信ください。

 

相談文を読ませていただいて思ったことは、「義母の介護のための財産を奥様が確保しておきたいのであれば、奥様が相続人として正当な法定相続分を相続して義母の介護用に取っておけばよいのでは?」というものでした。

 

計画性のない方々に財産を託しても何の保障にもならないということは、おそらくすでにご了解済みであると思います。

 

一番しっかりされている奥様が、確保できる分を確保されてその時のために大切に残しておくことが一番確実なように思います。

 

それを選択されないということは、奥様は分割協議の現段階からお母様にも弟夫婦ともあまりかかわりたくないということなのだと想像します。

 

奥様が相続を放棄してもなお何らかの方法で確保するのであれば、お母様に合意してもらったうえで、お母様が相続する預金のうち、一部を速やかに定期預金化してその証書と印鑑などを奥様が管理することくらいではないでしょうか?

 

金融機関がいまだに義父の死亡を知らないのであれば、知らせたほうが良いように思います。

 

金融機関は預金者の死亡が確認されると口座を凍結し、以後、必要な相続手続きが完了するまでお金を下せなくなります。

 

第7章 扶 養

(扶養義務者) 第877条 

直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある。

 家庭裁判所は、特別の事情があるときは、前項に規定する場合のほか、3親等内の親族間においても扶養の義務を負わせることができる。

 前項の規定による審判があった後事情に変更を生じたときは、家庭裁判所は、その審判を取り消すことができる。

 

義弟の妻にも義弟の母親を扶養すべき義務がないわけではありません。

 

 

以上、お答えいたします。

 

不足がありましたらお知らせください。

 

お役に立ちましたら幸いです。

sakurabitoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問