JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 956
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

酒気帯び運転の弁護人は支線か国選のどちらがいいのですか。

質問者の質問

酒気帯び運転の弁護人は支線か国選のどちらがいいのですか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 5 年 前.
通常、酒気帯び運転については略式手続で進められます。
略式手続というのは書類審査のみの裁判であり、弁護人のでてくる場面というのは
ありません。
事故が伴っていたり、飲酒運転再犯の場合には公判請求される場合があり、この
場合は弁護人を依頼することで、量刑の目安や情状証人の手配などをしてもらえま
すし、手続きの流れを把握できる安心感も考えると、弁護人を依頼する価値はある
でしょう
もちろん、私選のほうが高額な費用を支払うだけあって、きめ細かく動いてもらえる
可能性が高いでしょう。しかし、量刑の短縮をが目的ということであれば、費用だけの
効果というのはあまり期待できません。冤罪を主張するなど、特別立証すべきこと
がある場合は別として、わざわざ私選弁護人を依頼する必要もないでしょう。

ご参考になりましたら幸いです

法律 についての関連する質問