JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
CPA_Sakakiに今すぐ質問する
CPA_Sakaki
CPA_Sakaki, 公認会計士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 8
経験:  慶應義塾大学卒業後、大手監査法人にて上場企業の監査を担当。顧客からの相談の過程で労働法規および会社法に精通。
62849798
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
CPA_Sakakiがオンラインで質問受付中

こんにちは 37歳、女性です。昨年12月に個人再生を弁護士さんにお願いしました。受任していただいて、借金の返

質問者の質問

こんにちは 37歳、女性です。昨年12 月に個人再生(給与所得者)を弁護士の方にお願いしました。受任していただいて、借金の返済はストップし、書類は今年3月ごろにそろいました。裁判所への申し立てを待っているのですが、連絡がなく、9月ごろからこちらから連絡をいれても、「いますぐやりますから、」といって、進めてくれません。 このまましてくれなかったら、どうなってしまうのでしょうか?


 


先週また連絡したところ、「今週中には申し立てをして、来週には連絡しますから」といわれ、待っていたのですが週最後の本日、金曜日になっても連絡がなく、こちらからかけると、留守電になり、電話にまで出なくなっていまいました。


 


一刻も早く申し立てしていただくために、できることはあるのでしょうか?


 また、10月には入籍をしましたが、それについてはなにもそろえる書類などないとの事ですが、本当でしょうか?本当に事がきちんと進むのか、ちゃんとしてくれるとしても、またいちから手続きがやりなおしになるのではと心配です。 弁護士の方への費用は、50万円を分割で、月2万円ずつ振り込んでいます。


 


こうして弁護士さんのことでまた相談しなくてはならないことに、とても憤りを感じております。


 


どうしたら良き方法で解決できますでしょうか?


教えてください、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  CPA_Sakaki 返答済み 5 年 前.

ご相談者様の憤り、大変よくわかります。また、弁護士という専門的職業にありながら、迅速な対応をしない先方に、憤りを感じます。

 

以下、ご回答申し上げます。

 

一刻も早く申し立てをしてもらうためにできること
内容証明郵便で、以下事項を記載して送付すると、迅速な対応をしていただけると思います。
・依頼済みの申立手続きが遅延している旨
・申立手続きの迅速な履行を要求する旨
・仮に実施してくれない場合は、債務不履行にあたる旨
・誠実な対応をしてくれない場合は、弁護士懲戒制度の利用を検討している旨

 

ご相談者様は、正当な費用を支払っており、きちんとしたサービスを受ける権利があります。そのような状況でありながら、のらりくらりと手続遅延をしている先方の弁護士は、サービスを提供する義務を適切に履行していません。この場合、弁護士に対して、裁判により強制的に履行させることも可能です(民法414条2項、民事執行法174条)。ただし、それは、現実的に手間もかかりますし、好ましくないでしょう。
一方で、弁護士が不誠実な行動をとった場合、懲戒処分とする制度があります。これは、弁護士にとっては不名誉なことであり、営業にも差し障るため、通常回避したいと考えます。弁護士の数少ない弱点です。これをちらつかせることによって、迅速な解決がのぞまれます。

 

申し立て遅延の影響
個人再生の申し立てが適切に行われた場合、債務の減額、分割返済を行うことで、自己破産を回避することができます。自己破産をした場合、資格や自宅がなくなってしまいますが、それを回避することが、制度の目的です。
その手続が適切に実施されない場合、制度が適用されないことになりますので、最終的には債権者からの請求が再開される可能性もあります。

 

入籍書類の件
通常の入籍届けの提出・受理がなされていれば、特に問題ないかと思われます。

 

以上、どうぞよろしくお願い申し上げます。
ご不明点あればお申し付けください。

法律 についての関連する質問