JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 987
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

初めまして。 先日、母がスーパーセンター内の食堂で転倒してしまいました。 床にラーメンの汁がこぼれており、ヌ

解決済みの質問:

初めまして。

先日、母がスーパーセンター内の食堂で転倒してしまいました。
床にラーメンの汁がこぼれており、ヌルヌルした所を知らずに歩いて来たためでした。
私は転倒の瞬間 は見ていないのですが、周りにいたお客様も現場を見ており、倒れた足元には確かに汁がこぼれていました。
すぐに救急車で運ばれ、複雑骨折と診断、入院、手術となりました。

食堂側で損害保険に加入しており、代理店の方から、入院・治療費、慰謝料、給料保障が保険で出ますと説明を受けました。
入院・治療費は病院から直接保険会社へ請求が行くように、手続きをして頂きました。

2,3日後、保険会社から電話があり、手続きに必要な書類を送ったので、記入して返信して下さいとのこと。
届いた書類は「免責証書(承諾書)」と「医療機関への照会用同意書」の2つです。
「免責証書(承諾書)」は3枚複写になっており、こちらで書く所には鉛筆で印を付けたので、そこを記入・捺印して返信してくださいと、説明の紙も同封されていました。

しかし「免責証書(承諾書)」は全くの白紙で、事故の内容を書く欄も、発生日時も、賠償の金額という欄も、何も記入されていない状態でした。
「ここは記入しないで下さい」というような、〆のような印があるだけです。

「免責証書(承諾書)」の説明も受けておらず、不安になってインターネット等で調べた所、これは示談書と同じようなものだということが分りました。
何の説明も無く、このような書類を書いて送らせようとしたのかと、保険会社に不信感を持っています。
しかし、こちらには何の知識も無いため、結局いいようにされてしまうのではないかと不安です。

このような場合は、弁護士など頼んだ方が良いのでしょうか?
弁護士費用などいくら位かかるのかも分からず検索していたところ、運良くこちらにたどり着きましたので相談させて頂きました。
長々と書きましたが、どうぞよろしくお願い致します。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 6 年 前.
ご懸念、お察しいたします。
早く示談を成立させようと担当者が焦っていたのでしょう。
金額未記入の免責証書を送付させようとするのは、おかしいですね。
こういった場合は、保険会社にクレームを入れるのはもちろんですが、
食堂側に保険会社の対応を伝え、食堂から保険会社にクレームをいれて
もらうようにすると良いでしょう。(保険会社からすれば、お客様からのクレーム
ということになりますので、示談相手からのクレームよりも効果的です。)

複雑骨折ということであれば、治療費も高額になることが考えられますので、
一度、弁護士・行政書士等の専門家に相談をされるとよいでしょう。
ご自分で交渉はできるけど、アドバイスだけ欲しいというようでしたら行政書士、
自分で交渉するのは不安なので、任せてしまいたいということでしたら弁護士さん
というのが、ひとつの目安になるかと思います。

費用についてですが、現在は弁護士会や行政書士会が定める報酬額というのは
なくなりまして、事務所によってことなりますので、一概に言えませんが、相談料
については、弁護士さんは30分5250円、行政書士は1時間5250円という設定が
多いように思います。

初回は、市役所や行政書士会などが実施する無料相談会を利用し、話しやすい人が
いれば、その人に依頼をするというのも一手です。
(なお、この相談サイトでは双方匿名対応となっており、直接業務依頼を受けることが
できません。)


無料相談ですと相談時間が限られますし、有償相談でも時間で請求されるのが
一般的ですので、思い出しながら説明していると、状況説明だけで、30分ぐらい
かかってしまうことがよくあります。相談に行かれる際は下記の通りメモをご準備
されると良いでしょう。

1.主な経過を時系列にまとめる
 記載例
 9/1 11時頃 スーパー○○で事故、救急車で○○病院へ。そのまま入院
 9/2 ××保険△△氏より電話
 9/5 ○○病院で手術
 9/10 ○○病院を退院

 と言った感じです。

2.通院日を調べる
 慰謝料計算の目安になりますので、退院後通院日があれば、それをメモして置かれ
 るとよいでしょう。

3.怪我の状況や治療内容をメモしておく。現在の治療費総額をご存知無いようでしたら
 確認し、後遺症が残りそうかどうかを、医師に確認しておく。

以上の情報を事前に準備しておかれれば、相談時間を有用に利用することが可能
でしょう。

ご参考になりましたら幸いです。





houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問