JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

38歳自営業です。交際女性(8年間交際・現在33歳)に「商売人と結婚するための修行」として仕事を手伝ってもらっていま

解決済みの質問:

38歳自営業です。交際女性(8年間交際・現在33歳 )に「商売人と結婚するための修行」として仕事を手伝ってもらっていました。半同棲状態で、生活費・保険・年金・携帯電話・自動車等は私が全額負担、月に6万円程度のお小遣いをあげることで「合意」していました(書面等はありません)。今年3月頃にわたくしの風俗遊びが発覚し別れることになりました。現在、「今まで働いた分の給料を払って欲しい」といわれています。弁護士にも依頼したようです。わたくしの会社は法人ですが、あくまで「お手伝い」の名目だったので交際相手の就労記録等はありません。したがって正確な賃金は算出不可能です。「働いた分の賃金は支払う」のは当然のことなのですが、恋人同士だったときの「口約束」は無効でしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

 「商売人と結婚するための修行」として仕事を手伝ってもらっていた場合ですから、、雇用契約又は業務委託契約はありませんので、労働契約上の賃金請求権または委託契約上の報酬請求権は当該女性にありません。

 

 なぜなら、口頭でも「賃金又は報酬を支払う」旨の契約がない限り、生活費、必要経費、実費弁償的出費を負担していたのですから、恋愛関係が破綻したからといって、新たにそれ以上の負担が生ずるとなすのは信義則に反するからです。

 

 当該女性が調停・訴訟に持ち込んでも、勝てる見込みはほとんどありませんので、ご安心ください。

 

 

kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問