JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 976
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

取締役の一人が、ある株主に株式を譲渡しようとしています。その譲渡により譲受人の株式が会社の発行済株式の過半数以上とな

解決済みの質問:

取締役の一人が、ある株主に株式を譲渡しようとしています。その譲渡により譲受人の株式が会社の発行済株式の過半数以上となる場合、本件株式譲渡承認の取締役会にこの取締役は「特別利害関係人」となり、本取締役会には参加できないのではないでしょうか。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 6 年 前.
譲渡制限株式の譲渡承認の決議を取締役会で行う場合で、譲渡人や
譲受人が取締役であった場合、当該取締役は特別利害関係人となり
決議に参加することはできません。
なお、譲渡制限株式であっても、定款の中で【当会社の株主に譲渡
する場合は,承認をしたものとみなす。
】と定めていることも多く、
この場合は、決議自体がそもそも行われないことになります。

いずれの場合も、発行済株式の過半数かどうかというのは関係ありません。

ご参考になりましたら幸いです。
houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問