JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表。
60879286
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

10 15 10

質問者の質問

今年の10月15日、午後10時頃、知人の女性の携帯電話から着信があり、電話に出れ ませんでしたが、男性の声で留守電に脅迫的内容が録音されていました。
又、10月16日の午前4時半頃、同じ知人の女性からの携帯電話から着信があり、睡眠中でしたので、電話に出れませんでしたが、留守電に男性の声で脅迫的内容が録音されていました。
その後、午前4時半見知らぬ携帯電話番号の着信があり、無視しました。
又、10月17日の午後9時半過ぎ、午後4時半過ぎに着信があった携帯電話番号の着信があり、無視していたら、たぶん同じ男性の声で、留守電に録音されていました。
これって、法律的に問題ないんでしょうか?
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  sakurabito 返答済み 6 年 前.

こんにちは、行政書士のyorozuyaです。質問を投稿いただき誠にありがとうございます。ご質問への回答は下記の通りになります。わかりやすい回答を心がけておりますが。ご不明な点などありましたら、お気軽にご返信ください。

 

留守電に録音された内容が、脅迫にあたる内容であれば、刑法に触れます。

 

刑法第222条(脅迫)
①生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。
②親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

証拠物(保存ファイルなど)の提出とともに、警察に相談し、場合によっては刑事告訴を検討されてはいかがでしょうか?

 

知人女性に連絡を取ることが可能な状態であるなら、なぜその男性が知人の携帯から頻繁に電話をかけたのか事情を聴いてもよいように思いますが、留守電の内容で今知人女性に連絡を取ることが適切ではないと思われる場合は、先に警察に相談されたほうが良いようにおもいます。

 

参考になりましたら幸いです。

 

 

回答が満足いかないときは「承諾」は不要です。

質問者: 返答済み 6 年 前.

プライバシーの侵害とか個人情報の漏洩とかは、法律的効力は、無いのでしょうか?

又、ドコモに問い合わせしていますが、証拠物の留守電の内容が聞いてしまった為か、

残っていません。

専門家:  sakurabito 返答済み 6 年 前.

今回のケースでは難しいように思います。

 

個人情報保護法は個人情報取扱事業者に対してのものです。

個人があなたの情報を他人に漏らしてもこの法律では罰することはできません。

 

証拠がないと相手に請求する根拠もないことになります。

 

知人女性は、どのように言っていますか?

 

「今後同様の電話があった時は、脅迫による精神的苦痛で慰謝料を請求する。」

 

と言ってみては?

sakurabitoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 年 前.

今回のケースだと刑罰は、やはり無理だと思いました。

だから行うとしたら刑事裁判ではなく、民事訴訟しか手は無いか?と感じていました。

一応、警察に相談してみたいと思います。

 

どうも、ありがとうございました。

専門家:  sakurabito 返答済み 6 年 前.

納得できる解決に至ることを願っています。

ありがとうございました。

法律 についての関連する質問