JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表。
60879286
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

PC

質問者の質問

弁済供託 債権者不確定 に関するご相談

昨日(22日)PCに迷惑メールとした入ったメールを開封し、誤ってアダルト動画登録となったようです。
(会則の登録初期画面は はい を押した記憶はありますが、確認の2回目は送信してない。)
確認のため E-mailで問い合わせたところ 小生のアドレスが知れ 会の脱会不可 会費の即納と遅延した場合の料金値上げと身元調査及び直接請求の文面がおくられました。
 ここで小生の不徳であるため 振込みを決心して 金額 振込先(名前、口座番号、金融機関など)、小生であることの会員番号(ID番号)など連絡するようメールで依頼しましたが、全然回答がありません。
 事後のゴタゴタはいやなので、供託をしたいと考えています。どのようにすればよいか教えてください。
なお 金額は 89800円(4日以降は150000円とのこと) 相手先はXXX@XXXXXX.XXX
しかわかりません。 どうぞよろしくお願いします。

2011.10.23 河村 進
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  sakurabito 返答済み 6 年 前.

こんにちは、行政書士のyorozuyaです。質問を投稿いただき誠にありがとうございます。ご質問への回答は下記の通りになります。わかりやすい回答を心がけておりますが。ご不明な点などありましたら、お気軽にご返信ください。

 

その契約は無効です。

 

再確認画面に対して申し込みボタンを押す・承諾の行為をしていないのなら、契約は成立していません。

 

ご心配であれば、警視庁のHPから「ワンクリック料金請求にご用心」に同様の対処例が掲載されていますのでご確認いただければと思います。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/haiteku/haiteku/haiteku35.htm

 

最寄りの消費者センターでも相談を受け付けていますので、相談されることをお勧めします。

 

おそらく、同じ会社名からの同様の相談が多数来ているものと思います。

土日のホットラインの電話番号も紹介されています。

 

国民生活センター>全国の消費者センター等

http://www.kokusen.go.jp/map/

 

解決しますように。

sakurabitoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 年 前.

回答拝読しました。再度確認画面を送信してないので契約は未成立とされていますが、

仮に承諾の行為をしていたとすれば、契約成立と相手は認識するのではないかと思います。(会則でクリーングオフ不可の条項も入っています)このようなときどのように対処すればよいでしょうか。当方の個人情報(名前 アドレス

等)は質問メールで分かっているでしょう。さらに 振込みまたは供託をするので 口座番号など連絡せよ と再度 問い合わせるのは邪道でしょうか。

恐怖感がありますし、期限が一応3日間といっていいるので センターに相談する時間もありません。 よろしくご指導ください。

専門家:  sakurabito 返答済み 6 年 前.

邪道と考えます。

 

万一、振込先が確認できた場合は、振り込む前にその口座が振り込み詐欺の口座として登録されていないか警察に確認すべきと考えます。

 

国民生活センターには土日のホットラインが開設されています。

http://www.kokusen.go.jp/map/weekend_madoguchi.html

 

今日でも相談・確認できます。

 

22日なら当日を入れても24日月曜まで猶予があります。

 

こちらが振込先を聞いているのに相手が教えないなら、相手に落ち度があります。

 

ついでに言うと、遅延した場合の法外な損害金や調査費用などの追加の費用負担義務はありません。

 

相手の請求はそもそも法外なのです。

 

最低でも明日まで時間があるのですから、消費者センターでも警察でも確認は可能です。

質問者: 返答済み 6 年 前.
再投稿:回答が不完全. 仮定の質問でしたが、ケースとしては考えておく必要もあると思い関連質問しました。回答をえるためにはどうすればよいでしょうか。
専門家:  sakurabito 返答済み 6 年 前.

こちらのHPも参考になると思います。

 

警察庁>インターネット、相談窓口

http://www.npa.go.jp/cybersafety/Request/request3.html

 

提供する情報が、お役に立っていないときは、「承諾」は不要です。

 

くれぐれも、入金手続前に、各機関に相談するようにしてください。

法律 についての関連する質問