JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kasoliciterに今すぐ質問する
kasoliciter
kasoliciter, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 141
経験:  日本大学 法学部 法律学科 卒業  行政書士事務所 代表
61894791
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kasoliciterがオンラインで質問受付中

7

質問者の質問

はじめまして。 探偵業の会社を個人会社として立ち上げまして7か月ほど運営していました。 また、それ以前に探偵業をしていたわけではなく、まったくの素人です。 素人がなぜ?といいますと、知人に探偵業を経営している方がいまして、その方にアドバイスを頂いていました。 しかし会社を立ち上げても依頼はありませんでした。 すると、その知人から何月何日に仕事があるのだけれどお願いできますか?と言われました。 自分自身この業界の経験がないので勉強になると思い、仕事をしました。 そして、月末に日当15000円が口座に振り込まれました。 再び何月何日に仕事があるのだけれどお願いできますか?と言われました。 勉強の為と思い再び仕事をしました。この仕事は前回とおなじ案件でした。 しかし、今回は月末に日当が振り込まれませんでした。 知人なのでそのうち振り込んでくれると思い込み日当の催促をしませんでした。 そしてまた仕事があるのだけれどお願いできますか?と言われました。 しかしその日は都合が悪く断ったのですが、どうしてもお願いといことで仕事をしました。 調査費用は自分で 建て替えました。今回は費用の催促を3回しました。 1回目は近近宮古島で合流するので、その時に清算しましょう。と言われました。 そして、宮古島で再び催促をしたのですが後でと言われました。 後日、知人より何月何日に仕事があるんだけどお願いできますか?と言われ、お断りしました。 お断りした理由は、この知人と仕事をするのが嫌になったからです。この知人がいないと探偵業ができないとおもっていましたから今まこの知人についてきましたが限界でした。 この時この知人から離れることを決意しましたので、自分の探偵業も廃業しようと決めました。 宮古島滞在中日位にタイミングを見て再び催促をしたのですが、また後でと言われました。 結局宮古島滞在期間中での支払いはありませんでした。 宮古島での滞在期間が終わり実家へ戻りました。 早速、仕事をした日当と調査費用立て替え分の請求をしました。 しかし、返事は支払わないとも取れるような内容でした。 そこで支払わないという意味ですか?と再びメールをしました。 知人からはこのような内容で返信が来ました。 送られてきた報告書は報告書になるのでしょうか。業務報告ではないでしょうか。 仕事に対し引き継ぎを行わなかった。 仕事に対し報告する義務もあり貴殿はこれを怠った。 企業間取引としてビジネスマナーとして当然のことではないでしょうか。 報酬は仕事をきちんとこなして、終了して初めて発生するものではないでしょうか。報酬を支払はないとは一言もいってません。仕事を放置したため余分な人件費も発生し被害を被っているのも事実です。上記をふまえ報酬額は検討します。また経費につきましてはきちんとした報告書がなければ経費が貰えるかわかりません。報告書の内容次第だと思います。 このように帰ってきました。 こちらは、現地調査の領収書も送り、分単位の報告書も送りました。 しかし、こんなのは離婚調停には使えない。調停、裁判などで使う報告書ではありません。 高速道路の領収書も区間明記がありません。添付した報告書を参考に何月何日厳守でお願いします。 このようなメールが何回も送られてきます。 正直、最初は調査費用と日当を何が何でも頂こうと思っていましたが、今は精神的に疲れてしまいこの送られてくるメールを放置してもいいのだろうか?お金は要らないからもうメールをしてこないで!もしかして自分の行動がかなり悪いのかな?損害賠償請求されるのでは?と悩んでいます。 自分は一つの案件を解決そして終了するまで仕事をするなんて了解していません。 自分は仕事を依頼された日に仕事をして仕事を終えてきています。 自分が個人ながらも探偵業をしているため常識レベルでは会社間取引と言われるかもしれませんが自分はその日その日の雇われと認識しています。契約書も交わしていませんし、お見積書なども頂いていません。 報告書もきちんと提出してます。弁護士さんとの打ち合わせの書類作成なんて受けていません。 ここで、専門家先生に教えていただきたいと思います。 必要なもの、遅れるべきものはきちんと送りました。 しかし、必要以上に求めてくる知人のメールを放置してもかまわないのでしょうか? また、売り言葉に買い言葉となってしまいますが、 こちらは会社間契約と認識しておりません。 一つの案件を終了まで仕事をするなんて了解していません。 報告書は提出しました。裁判調停などで使用する文章の作成も受けていません。 指定されたその日その日を自分の仕事として認識しています。 それ以外のことは自分の仕事として認識していません。 と意思表示をしたメールを送らなければならないでしょうか? 正直、知人に催促のメールをやめていただきたいのです。 放置しても、法的に問題なければ放置するのですが判断がつきません。 知人の言うきちんとした報告書や写真、発信器で追いかけた対象者の行動を 本日23日厳守で提出願います。とメールが届いています。 もう、頭がおかしくなりそうです。 どうか良きアドバイスよろしく、お願いします。 
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kasoliciter 返答済み 5 年 前.

行政書士のkasoliciterと申します。どうぞよろしくお願いします。

かなり酷い内容ですね。ご自身からきちんと報告をしているならば、それに対する報酬を請求する権利は十分お持ちです。

内容云々で、ということでしたら、最初の契約の際に、その旨を明記しておくのが当然でしょうから、未払い分については、請求するか、督促メールを即座に停止するよう、知人に申し入れた方がいいでしょう。

もしそれでも埒が明かない場合には、専門家(弁護士若しくは行政書士)に対処をお願いしましょう。

kasoliciterをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
安心していましたが、日付が変わるギリギリにメールが届きました。
以下です。

メール拝見しましたが、高橋様が言われている事について理解しがたい
ですね。今回のように報告書は提出いただけない、あり得ない話であり
当方も困惑しております。
私の方で、当社の調査員として行うか会社間の依 頼とするかお尋ねし
た時に会社間の取引と言う形で行うと言ったのは高橋様の方です。
裁判調停に使用されなくても基本的な報告書の作成はマニュアルも貸
していますし、調査時にも何をしていたのか記録することをきちんと説明
を行っています。
督促メールではなく報告書の作成は裁判に使用するしないに限らず、
報告書作成は基本です(裁判用、調停用の区別はありませんし裁判
調停などで使用する文章の作成とは一言も言ってません)。
添付した報告書自体が普通の報告書であり、その報告書が裁判や調
停で使われるか使われないかと言うだけであり、報告書自体の内容は
変わりがありませんので、即刻作成願います。
前回の報告書では、依頼者がみても内容がわかりにくく、対象者の行
動も理解できない内容です。
前回の書類は報告書としては認める訳にはいきません。
調査した人間でなければ現場の状況はわかりませんしこちらで書く事も
できません。
提出なき場合にはこちらでもそれなりの対処をさせていただきます。

以上

放置する予定ですが問題ありますでしょうか?

専門家:  kasoliciter 返答済み 5 年 前.

とりあえず、様子を見てみるしかないと思われます。

契約書もきちんと交わされていない現状を考慮しますと、どうなのか今一つ明瞭でないところが気になりますね。

法律 についての関連する質問