JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 934
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

日本人女性 未婚 1児の母 ただ今第二子妊娠中です。 フランス人のパートナーと今フランスに住んでいます。 結婚は

解決済みの質問:

日本人女性 未婚 1児の母 ただ今第二子妊娠中です。
フランス人のパートナーと今フランスに住んでいます。
結婚はしていません。フランス事実婚(PACS)もしていません。
第一子の長男は私の戸籍に入っていて、父親は認知しています。これから産まれてくる第二子も同様の戸籍になるかと思います。

このパートナーと別れ日本に帰るとなった場合、親権はどうなるのでしょうか?
もし仮に、パートナーの許可なく無断で子供2人と日本に帰った場合、フランスの法律では何か裁かれるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 5 年 前.
日本では、婚姻中に限り共同親権であり、離婚後は単独親権となります。
同居しない親にも面接交渉権が認められますが、これは子供の健全な
成長という観点から認められるものですから、親の権利として主張するには
弱いものです。

一方、フランスでは、法律婚はもちろん、P.A.C.S.、事実婚に限らず、共同
親権されており、離婚・別離する場合であっても、原則として共同親権のま
まです。従って、フランス法においては日本のような弱い権利ではなく、親
権に基づく権利として、子供と面会ができるのです。

同居中に、一方の親がパートナーに無断で子供を連れ去る行為も、やはり
親権行使の侵害として犯罪になるだけでなく、その居住地についても
転居の都度その居住地を告知する義務があります。
日本へ連れて行きたいと考えた場合、パートナーが了承してくれればいい
ですが、もし親権行使の著しい障害になるとして裁判所に申立をされた
場合には、これを禁じられる可能性が高いでしょう。

なお、子の連れ去りについては1年以下の禁固又は15000€以下の罰金、
転居先の告知違反は6ヶ月以下の禁固又は7500€以下の罰金とされています。



houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問