JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kasoliciterに今すぐ質問する
kasoliciter
kasoliciter, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 141
経験:  日本大学 法学部 法律学科 卒業  行政書士事務所 代表
61894791
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kasoliciterがオンラインで質問受付中

5

質問者の質問

私は、建設業の許可を受けようと思ったのですが、調べてみると 過去5年間犯歴がないことと、なっていました
正確にわからないのですが、3.4年前に傷害で罰金刑になっています 取れないのでしょうか?
また正確にいつなのか犯歴を調べるには、どうしたらいいですか
 教えてください
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kasoliciter 返答済み 5 年 前.

行政書士のkasoliciterと申します。どうぞよろしくお願いします。

建設業許可の欠格事由として、「刑の執行を終り、刑の執行を受けることが出来なくなった日から5年を経過していないと、許可を受けられない」としております。また「建設業法関連の違反で、罰金刑以上の犯罪を受けた者」も、終わってから5年を経過しなければ許可が受けられないとされています。

傷害とされていますが、これは建設業関連でのことでしょうか?

また犯歴を調べるとしたら、警察でしょうがなかなか難しいと思われます。ダメ元でしょうが問合せなさってみてはいかがでしょうか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございます。 傷害なんですが、建設業関連とわなにかわからないのですが、、お酒を飲んでて口論になり殴ったとゆう事件ですが、どうなんでしょうか

専門家:  kasoliciter 返答済み 5 年 前.

建設業(他には、不動産業が該当します。)を営んでいて、お客様からのお金を横領した、とか建築物で、お客様に対して、大変な損害を与えてしまった、というケースが該当します。

お酒の上での口論ですと、建設業とは関係ないと思われますので、罰金刑でしたら、欠格事由にはならないと思われますよ。

もしご心配でしたら、お近くの建設業許可専門の行政書士にご相談なされてみて下さい。

法律 についての関連する質問