JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。事務所経営者。裁判所事務官・地方公務員上級職等合格。
62133260
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

父が取締役として以前勤めていた会社が、建設業の許可証を更新するために父の名前を借りたいといってきました。勤務実態のな

解決済みの質問:

父が取締役として以前勤めていた会社が、建設業の許可証を更新するために父の名前を借りたいといってきました。勤務実態のない者を取締役としてこうした許認可の更新に利用することは法律的に問題ないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

  許認可では建設業許可がメインの行政書士です。 建設業の許可の更新をするには、「常勤している」経営業務管理責任者と、「常勤している」専任技術者が必要です。

 

  そのいずれかにお父様になって欲しいということのようですが。 お名前を貸すだけでなく実際に勤務なさるのであれば問題ないのですが。勤務実態がないと問題はあります。

 

  許可を出している都道府県のHPに、許可を取り消されて会社が出ています。諸々の違反の中に、資格者が常勤していない会社も取り上げられています。

 

  「勤務実態のない者を取締役としてこうした許認可の更新に利用することは法律的に問題ないのでしょうか? 」とのご質問ですが。 問題があるかないかと聞かれれば、「問題はあります。」とお答えせざるを得ません。

 

  回答にご納得頂ければ、「承認」を。ご不明な点がございましたら、改めてご質問下さいませ。

 

  

 

  

shonansolicitorをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

今回はご回答いただき誠にありがとうございました。

更にもう一つお伺いしたい点がありますので質問させて頂きます。会社側は父の名前を借りて実際建設業の許可証を更新したようなのですが、当初の話では「更新に必要なだけなので、終わったらきちんと会社から登録を抹消する手続きをする」 と言っていたのですが、社長は「これからもお願いするのだから抹消はしない」といったそうです。ご回答の内容だとすると、やはり勤務実態のないまま名前だけ連ねているというのは法的に問題だということになりますよね?この場合、どんな罪になるのでしょうか?また、名前を貸しているほうも罪に問われるのでしょうか?宜しくご回答お願い申し上げます。

質問者: 返答済み 5 年 前.

今回はご回答いただき誠にありがとうございました。

更にもう一 つお伺いしたい点がありますので質問させて頂きます。会社側は父の名前を借りて実際建設業の許可証を更新したようなのですが、当初の話では「更新に必要なだけなので、終わったらきちんと会社から登録を抹消する手続きをする」と言っていたのですが、社長は「これからもお願いするのだから抹消はしない」といったそうです。ご回答の内容だとすると、やはり勤務実態のないまま名前だけ連ねているというのは法的に問題だということになりますよね?この場合、どんな罪になるのでしょうか?また、名前を貸しているほうも罪に問われるのでしょうか?宜しくご回答お願い申し上げます。

質問者: 返答済み 5 年 前.

今回はご回答いただき誠にありがとうございました。

更にもう一つお伺いしたい点がありますので質問させて頂きます。会社側は父の名前を借りて実際建設業の許可証を更新したようなのですが、当初の話では「更新に必要なだけなので、終わったらきちんと会社から登録を抹消する手続きをする」と言っていたのですが、社長は「これからもお願いするの だから抹消はしない」といったそうです。ご回答の内容だとすると、やはり勤務実態のないまま名前だけ連ねているというのは法的に問題だということになりますよね?この場合、どんな罪になるのでしょうか?また、名前を貸しているほうも罪に問われるのでしょうか?宜しくご回答お願い申し上げます。

専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

  <当初の話では「更新に必要なだけなので、終わったらきちんと会社から登録を抹消する手続きをする」と言っていたのですが、社長は「これからもお願いするの だから抹消はしない」といったそうです。>

 

 ①経営業務管理責任者(建設業の5年以上の経営経験)なのか、②専任技術者(10年以上の実務経験、または1級・2級等の施行管理技士免状保有)なのか、①②の双方として登録されているのか不明ですが。  ①も②も更新の時だけ必要と言うわけではなく、許可業者である以上、常に勤務していることが必要です。

 

  当局が実態を知れば、許可取消にはなると思います。 

 

  罰則ですが、法律には「6ヶ月以下の懲役、または100万円以下の罰金」と書いてあります。 実際に罰則がどの程度適用されているのかは、罰則を実際に適用された人を知らないので分かりませんが、違反の程度のよっては適用されると思います。

 

  同居のケースで許可を取消された会社は色々な県のHPにも出ているので、その会社もお父様を常勤させるか新たな方を見つけなければ、許可取消には少なくともなると思います。

  その会社に他の資格者方を見つけて頂くか、建設業許可の廃業届を出して頂くかだと思います。

 

  500万円以下の工事(1500万円以下の一式工事)には。そもそも許可は要りません。

ご参考になりましたら、「承認」をお願いします。

 

 

shonansolicitorをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問