JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

義理の妹(16歳)が同級生との間に子供を身ごもり、もうおろせない状態にあり、相手方の親に認知及び養育費の話をしようと

解決済みの質問:

義理の妹(16歳)が同級生との間に子供を身ごもり、もう おろせない状態にあり、相手方の親に認知及び養育費の話をしようと試みましたが、現状、「引き取れないのであれば費用は一切はらえない。子供らのことだから」という内容で平行線の状態です。相手方もその子を養子として育てる考えがあったようですが、母方ということもありこちらで育てて行きたい意向も伝えましたが「認めない」との一点張りです。お金だけの問題ではなく16歳の子が学校をやめて仕事をしても収入は厳しいと考え、未成年のお互いの失態とは思いますが、親の責務を考慮していただき何とか子供との生活の足しになるようにしてあげたいのですが・・・
アドバイスいただければと思いメールさせていただきます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士です。

こんにちは。

相手方のその頑なな態度にあまり納得できないのがふつうだろうと思います。
しかしながら,未成年の親としての責任をどのように考えるかということについて,
異なる考えの人にそれを押し付けることはできないと思います。それこそもう大人ですので。
特に法的に相手にどうにかさせるという問題ではないように思います。
また,相手方は,まったく責任を認めない態度というわけではなく,赤ちゃんを養子にしてということなら育てたいという意向を示しているのに対し,こちら側がそれを受け容れることができないわけですから,ある意味仕方ないともいえます。

相手方とは今後も辛抱強く交渉や話し合いを続けていくとして,
義理の妹さんの体調と,無事に出産できることに集中なさるのがよいのではないでしょうか。
そして,少なくとも未成年の間は,ご両親がお嬢様と赤ちゃんの生活を支えることで腹をくくられた方が良いと思います。
ここにお書きになっている事情からすると,相手方は義妹さんや赤ちゃんの心配はしていないようですし,
責任も感じていないようですから,そういう状態の相手にむりやり認知や養育費を認めさせても,
あまり良い気分にはならないと思います。
私なら,自分の子を,そのような家の子にはしたくない気がします。将来が思いやられるという感じです。
また,相手の男性は,今は高校生であって自分の生活すら自分では維持しているわけではない状態でしょうから,父親としての責任うんぬんをいえる立場ではないでしょうが,成人すれば,自分の意思で,認知や養育費など父親としての責任を自ら考えるようになることもあり得るのではないでしょうか。

義妹さんが成人する頃には,赤ちゃんも3,4歳にはなっているでしょうから,
預けるところさえあれば,義妹さんも仕事に出ることもできるでしょうし,
希望的観測ではありますが,社会に出れば,義妹さんとその子どもの面倒をみたいという大人の人との出会いも
きっとあるのではないかと思います。

子どもが小さいうちは,教育費などにそれほど掛かるわけでもなく,ご両親の家庭に一人くらい赤ちゃんが増えたところで,
生活に困窮するまでにはならないと思います。
弁護士の意見らしくなくて恐縮ですが,相手の家に期待するのはやめて,あと数年面倒を見て差し上げてほしいと思います。
* ご本人のご両親のことに触れられておらず,相談者様も義理のお姉さんとのことで,ひょっとすると,ご両親がいらっしゃらないようなご事情もあるのかもしれません。その場合は,「女の子の親が,女の子が成人するまではどうせ面倒見る予定だったわけだから」という理屈は通りませんので,申し訳ないと思います。


それでは,いろいろなことがうまくいきますようお祈りしております。
質問者: 返答済み 5 年 前.
ご返答ありがとうございました。あくまでも専門家の方のご意見として厳粛に受け止めたいと思いますが、確かにお話しの内容は良く私個人は理解致します。ただ、現実的の問題については回答されてない気が致します。両親も私たちも、妹に対し当然援護はしていくつもりでおります。私の先生に対する説明も悪いのでしょうが、今すぐどうのとかでは無く、再度話し合いの場についていただき、半ば強引な返事で返されたらし いので、その方法や交渉のアドバイスを伺いたく今回利用させて頂きました。私個人は男なので相手方の子の気持ちもわからなくはありませんが、自信も子を持つ親として、未成年者の問題であれば知らぬ存ぜぬはどうかと思います。実際に現実は綺麗事では済まないと考えますし、もしその子が逆の立場だったらどうなのでしょうか?確かに未成年者とは言え親の責任と一概には言えないと思いますが、その子が大人になって考え直すのであればもう少し状況も違うのかと考えます。妹ひいきの言い方で申し訳ございませんです。ただ本人は辛く先は不安で一杯だと思います。どうあれ泣き寝入りしかないのでしょうか?相手の子は高校も辞めることなく、何も無かったかのように生活して行くのでしょうか?
相手方の子も仕事をしているわけでなく学生なので、養育費を請求するわけには当然いかないですが、妹の不安等を少しでも解消すべくは、お互い建設的な話し合いしか無いのかと?
つべこべと申し訳ございません。
もう少し調べて見ます。
ありがとうございました。

専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
そうですね。
相手を強引にでも交渉の場につかせる方法があれば良いのですが,法律上は,「話し合う義務」のようなものがない以上,相手が以後の良好な関係を放棄してしまえば,それ以上交渉を続けることは無理なのです。
ビジネスで交渉が成立するのは,交渉によって自分の側に利益となる契約ができる可能性があるからであり,自分の側に有利な条件が通る可能性がなく,また関係を継続したところで将来もメリットがないと判断される場合は,交渉のテーブルにつくこともしないでしょう。
本件の場合,妊娠させてしまった女性の親と話し合ったところで,男性の親にとって今の状態よりも良好な状態になる可能性はないことは明らかです。この状況下で,自分の子がしたことに対する親としての責任を重く考える気がない 親は,それ以上話し合う必要はないと考えたとしても不思議ではないので,こうなると交渉というものが成立する余地がないのです。
他方,あなたの側は,相手の親に責任を(せめて一部でも)認めさせ,金銭の支払を約束させること,ただし生まれる子は相手に渡すつもりは一切ない,というのが絶対に譲れないポイントで,かつ交渉の唯一の目的です。そうすると相手に譲歩できるとすれば金額面くらいになりますが,倫理観や道徳観からくる責任感がないか,それを無視できる相手が,そもそも一銭も支払う義務はないと考えるならば,交渉どころか,議論が噛み合いません。

まあ,私も,相談者の求める結果に対する解決策がないのであれば,回答しなければ良いのですが。
余計なことを答えまして,申し訳ありませんでした。
質問者: 返答済み 5 年 前.

あらためてのご返答ありがとうございます。

お話の通りかもしれませんね・・

私も自分の身内の出来事なので何とかしてあげたい!という思いで一方的でした。

その点についてはお詫び申し上げます。

人の考え方は十人十色といこともあり、私が男親の立場であれば多分「責任」という意味で

ある程度、応じてしまうと思います。(多分ですが?)

昨夜、先生のご意見を基に、家内とも話をしましたが、確かに乳幼児の頃は金はかからなくとも、出産の費用(自治体にも異なるでしょうが?)40万~50万程度、また本人も生活していくなかで保育園に預ける月/費用負担を考えれば軽くはないのかと考えます。

通常であれば自治体等から頂ける費用も頂けないのが現実らしいです。

「その部分だけでも」と素人の浅はかな考えです。

法律的に手段は無いのかと思ってのメールですので・・

ただ、私は義理とはいえ妹の出来事ですが、常に味方でなければならないと思います。

家庭裁判でも何でも、泥仕合になろうともという覚悟でおります。

最終的な手段は本人も本音は嫌だと思うので、穏便な方法をお尋ねしたかったのです。

前回のメールでもお伝えしたよう、もう少し多方面でも調べてみます。

ありがとうございました。

専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
ひとつだけ弁護士らしいことを申し上げますね。

裁判ですとか,その他「最終 手段」に出るとすると,効果的に出るためには弁護士など専門家の助力が不可欠であろうと思います。
そうすると,そこには当然ながら費用が発生します。たとえばこのサイトもですが。
お金が必要だから請求するにもかかわらず,そのことにお金が掛かるというのはなんとも厄介な話ですが,
法律上の請求をするにあたり法律論として筋の通ったものでなければ,訴えられる側も,振り回されてたいへんです。
また,そうやって決して安くはない費用を掛けて法的手段に出るからには,相手から「最悪でもいくらいくらは確実に取れる」とのある程度確実な目論見,見込みがなければなりません。勝訴しても相手が無資力では,まったく無意味ですので。その場合,弁護士費用,訴訟費用,諸経費の他,何ヶ月という時間のロスになってしまいます。

それから,離婚における慰謝料や養育費の場面で,頻繁に出てくる問題なのですが,
たとえば離婚した夫が,毎月,元妻宛てに養育費を○○万円支払う,ということが裁判所で決められたとしても,実際に決められた期間,決められた金額をきちんと支払い続ける人が,全離婚者のどれくらいいるでしょう。おそらく,ふつうの方が想像されるよりも遙かに極々わずかではないでしょうか。
(法律的には,取り立ての手続をするということが可能ですが,たとえそれをしたとしてもキリがないです。払わない方が強いです)  他人から現実にお金を支払わせるというのは,ものすごく難しいんですよ。それをあとで知って,みなさん,とてもがっかりされています。


義妹さんと相手の男子生徒,真剣に交際していたとすれば,結婚とか将来のことなど,何かしら話し合ったことがあるのではないかと思います。
そして今回,妊娠して出産を控えていることから,無関係な男女とはいえませんね。そこで,
出産し子育てする少女に対する経済的な扶助をすべきではないか,ということで,家庭裁判所に調停の申立をすることが可能かなと思います。そのような言い分で申立をしたい,と,家庭裁判所に行ってお訊きになったら良いと思いますよ。可能ということなら,手続の進め方や書面の書き方も教えてくれますよ。
交渉のテーブルにつかせることくらいは,なんとかできるかもしれませんね。
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
家裁への申し立てですが、母親が胎児を代理して父親に対する認知請求権を行使する為に、家庭裁判所に調停の申し立てをすることが考えられ ます。
認知されれば父親と赤ちゃんの間には親子関係が生じますから、扶養義務を負う親への養育費の請求を、その調停の中で同時にすることができるのではないかと思います。
調停の相手方(被申立人)は未成年である相手の男の子ですが、当然ながら男の子の親も出てくるでしょうし、男の子本人には資力がないので、実際に養育費を支払うのはその親になるでしょうから、調停が成立すれば、当初の目的を達成することができることになりますね。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご返答ありがとうございます。

今回は具体的なお話を頂戴でき今後は貴重な参考にさせていただきます。

先生のおしゃる通り、通常の8割ほど(以上?)の人が養育費を払う事になっても2~3ヶ月程度で貰えなくなるのが現状らしいですね。事例は違えど私の友人にもたくさんそのような離婚例がございます。今回の件では「お金をいただく」ことよりも壇上につかせ、ことの重大性を再度認識させることも未成年の本人達には必要?と考えます。(個人的ですが・・)

妹は今後決めた以上、例え間違って出来た子だとしても育てていくしかありません。子共を育てるということは並大抵のことではないと思います。それなりの覚悟が必要です。

また、男性の方も今後彼女ができ、また妊娠させるようなことになり、簡単に事態が“済まされる”なんてことでもどうかと思います。何らかでも両方の親を含め「ケジメ」は必要かと・・

男性の方もまだまだ人生長いですからね・・

面倒でも、手間でも仕方がないと思います。実際に「離婚」される方でも、そうなることをわかってやるわけでもなく、今回の二人も一時の思いでそうなったのかもしれません。

だから時間をかけてまでも話すことも必要かと?(殺人事件)のような事件では当然ありませんが、取り返しつかないほどの重大性はあると思います。

それを未成年だから!どーだの?ではなく、先ずは壇上についてもらい、第三者(法的機関等)の力をお借りしても話すことが良いのかと思います。

それからですかね?養育費等のことは??

相手を振り回す気はないですけど、簡単にすまされてはどうかなといった感じです。

(個人的ですけど・・)

・両親も困っており私が代理で色々とお話をうかがっているしだいですが、弁護士の先生によってもご意見が様々で「難しい・・」のは正直です。

お手間をとらせ申し訳ございません。ありがとうございました。

専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
最初のご質問には,ここに出ている情報から考えられる限り回答しました。
上記の回答が,最初の質問に対して答えられている場合は承諾して下さい。
bengoshimailmeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問