JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

以前の質問に継続してます。こちらの弁護士さんより、妹の行状について、近所、親戚から、何か事実がえられないか?との依頼

解決済みの質問:

以前の質問に継続してます。こちらの弁護士さんより、妹の行状について、近所、親戚から、何か事実がえられないか?との依頼により、親戚より次のような事が判明しました。親戚は呉服屋を営んでいる事。母がそこに勤めていたこと。母は妹の将来を心配していたこと。妹は大人に近い年齢なのに、喜怒哀楽の感情に乏しかった事。母は人と接しなくていい一番簡単な帯の仕立てを指導したこと。しかし一つとして完全なものはなく、納期に対しての責任というか反応がまったく、なかった事。また仕立て工賃に対しても、 無関心であった事。母が肺がんで入院するときも、妹にできる筈はなく、親戚で世話したこと。などが書いてありました。又隣の人は妹は一般の人のような会話や挨拶ができなかったこと。酒を飲みながら、町の中を歩いていたこと。等が書いてありました。その他、近所、親戚よりあと4,5枚は集まりそうです。裁判所は相手弁護士に対して、医者の診断書を命令したそうですけど、馴れ合いの医者にたのむことはないのでしょうか?。気になります。9月1日に弁護士との打ち合わせがありますが、証人尋問に対して、なにかやりたくなさそうでした。どのような方法があるか、指導お願いします。現在佐賀にすんでいますが、弁護士との折り合いがつかない場合、大村の弁護士さんに頼むということは、できるのでしょうか?また何枚かの署名が集まりましたら、それをもって、弁護士会に倫理違反で訴えることはできるのでしょうか?長くなりましたが、宜しくお願いします。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  bengoshimailme 返答済み 6 年 前.
こんにちは。

ご近所の方々からの陳述書は良いですね。

相手が出してくる診断書は,相手方に有利な内容となっているのは明らかですね。
しかしながら,それに対しては,反論ができます。
ひとつは上記の陳述書です。
また,あなたも,妹さんの 病状ですとか入所させることになった経緯などについて陳述書を書いて出すことが可能です。弁護士さんにその希望を伝えると良いと思います。
あとは,妹さんが以前かかっていた病院とか(守秘義務があるでしょうから難しいでしょうが。でも,例えばもらっていた薬のリストでも病名を推認させられるでしょうし,健康保険の記録なども参考になると思います),市町村の補助を受けたことがあったらその記録,療育手帳なども,相手方の提出する診断書の信用性を争う材料となり得ると思います。
さらに,あなたに対する本人尋問(あなたを証人とする証人尋問)も,有効だろうと思います。

妹さんに対する証人尋問ですとか,あなたに対する証人尋問をしたくない,と弁護士さんが言う場合,
他に勝算があれば問題ないと思うのですが,あなたからみてあなた側に有利な展開が苦しそうだと思う場合は,現在の弁護士を解任して,他の弁護士に依頼することは可能です。行き詰まっているなという感触でしたら,その方がよいかも知れませんね。

相手側の弁護士に対する攻撃について。
妹さんの利益ではなく施設とか弁護士自身の利益を図る目的であることがもっとはっきりしないと危険ですから,まずは,この裁判をうまく乗り切ることを考える方が先決と思います。2〜4ヶ月くらいで成年後見人に就任できれば,相手方の弁護士を,問題なく解任できるはずですが。
質問者: 返答済み 6 年 前.

相手は家裁に相続財産の調停にきているんですが、その場合でも証人尋問はできるのでしょうか?

専門家:  bengoshimailme 返答済み 6 年 前.
調停なのですね。

調停でしたら,証人尋問はできません。
(調停は,裁判とは異なり,証拠によって何かを証明するという手続ではなく,あくまで当事者同士の話し合いの場ですので)

*今回,妹さんが弁護士に訴訟委任して行っている遺産分割関連の争いは,裁判ではなく調停なので すか?
もしも調停なのでしたら,相手方(調停の申立人)である妹さんは調停の期日に出席するのが原則だと思うのですが,
出席なさっていますか?出席しているならば,妹さんの意思で弁護士に委任したことになりますね。
それとも,まだ一回目の期日が来てなくて,これから始まるということなのでしょうか?

質問者: 返答済み 6 年 前.

1回目は終わりまして、施設の付き添いで妹はきています。しかし片方ずつの対面で、妹とは話していません。調停員は「妹さんは普通にみえました。」といったそうです。妹には施設の付添い人が障害者ということでつきそっていたそうです。証人尋問するための方法とか何か方法はありませんか。こちらの弁護士は裁判所に療育手帳の交付を受けた病院に診断書の提出をもうしいれているそうですが、まだ許可はおりてないとのことでした。妹と直接話すことができればいいのですが。

専門家:  bengoshimailme 返答済み 6 年 前.
そうですか。
しかし,対面でない調停では,妹さんが意味を理解して,ご自分の意思で,
当該調停を申し立てているかどうかの確認ができませんね。

あなたが,最近まで妹さんの事実上の保護者的な立場で,身の回りのお世話をしてきていらして,
特に,今の施設への入所・退所に関する管理まで行ってきたことから,
今回の遺産分割に関する件でなく,妹さんの健康や体調に関することがらであれば,
妹さんとお会いになっ ても良いのではないかと思うのですが。弁護士としてのアドバイスではありませんのでご注意いただきたいのですが,
私でしたら,妹とは家族ですので,誰になんと言われようと,会いたいときに会いに行くと思います。なぜなら兄弟・姉妹の健康状態がともて心配なので。また,会いに行ったところで,その事実を,相手方がこちらに不利になど使いようがありませんので。それに,本当に通帳を家族である相手方に渡さないといけないのなら,顔も知らない弁護士に送るのではなく,家族に直接手渡した方が安心だと考えると思いますので。何より,施設の方針は,保護者でもある家族として,受け容れがたく,健康状態,精神状態がとても心配だからです。
今までは,直接は話さないという前提で考えていましたが,こうやって,相手方の本当の意思を確認することができれば,調停や裁判をするほどの話ではないことも相手に分かってもらうこともできますね。

あなたが,証人尋問さえすれば,妹さんが自分の正常な意思でこの争いを起こしたわけではないことを証明できると考えるくらいに(妹さんの精神状態について)確信されているのであれば,妹さんに会って直接お話しになれば,全ての問題が解決するのではないかと思うんですね。その場で弁護士の解任通知と調停の取り下げ書を書いて出せばよいわけですし。
質問者: 返答済み 6 年 前.
ところが、絶対に妹に合わせないわけです。妹は「会いたくないと言っています」といってあわせません。ところで、調停にでなかったら、どうなるんですか?
専門家:  bengoshimailme 返答済み 6 年 前.
やっぱりそうなのですね。施設側が,ということですよね。

そうすると,この施設,ものすごく怪しくなってきますね。
むりやりにでも連れ帰りたいくらいです。

施設の方針と合わずに退所させようとしたら,突然,今回の裁判所での争いになったのですよね?
それ以前に,妹さんとは遺産のことで議論になったりしていらしたのでしょうか?
質問者: 返答済み 6 年 前.

まったくありません。妹はお金をもたしたら、お酒を飲むので、以前施設との話し合いで、管理は姉がするようになったのですが、お金も小さい金は使えても、大きいお金は価値が分からないと思います。突然今年2月に「今後は妹が金の管理をしたいから、妹名義の預金通帳を送ってくれ。今後、妹の面会は私がする。」と弁護士より電話があったわけです。

びっくりして妹にあわせてくれといっても、「だめだ」の1点張りです。原因は施設の所長が「妹さんが、年金の管理をしたがっているから、自立の意味からも通帳を預かりたい」との電話がありました。妹に聞いたら、「そんなことはい ってない」といいました。「お金を渡したら、すぐ酒を飲むから、それはできない。それなら3月に妹を施設からだしたい。」といったところ、 弁護士から電話があったわけです。施設に妹と話をさせてくれと手紙をかいたのですが、その手紙は所長にわたされ、所長は弁護士にわたし、その手紙は無視されました。どうも所長は妹を施設からだしたがらないようです。その証拠に弁護士の訴訟委任状の始めに「妹さんは施設に、いたい」からと書いてありました。その委任状の住所も番地が違ってました。

専門家:  bengoshimailme 返答済み 6 年 前.
”「妹さんは施設に、いたい」からと書いてありました。”というのは,おかしいですね。
相手方はこれを,本人が書いたと主張しているわけですね。

(住所の番地の間違いというのは,単純ミスとしても起こり得る,と一般的に判断されると思いますので,訴訟委任状を無効にする効力や,訴訟委任自体が本人の意思に基づかないことを推認させたりする効力までは認められない,補助的な事情のひとつだろうと思います)


相手方弁護士から電話が掛かってくるまでの経緯,わかりました。ありがとうございます。
邪推するの はよくないですが,その施設はとてもいやな予感がしますね。誰が聞いてもそうなのではないでしょうか。
問題のあるところだとすれば,過去にも入所者・その家族等と,金銭的なトラブルが何度も起こっているに違いないと思います。そのようなお話はないのでしょうか?あるいは,市や県の相談機関に,同様の苦情や相談が寄せられている可能性もあると思います。要保護者の(おそらく唯一の)家族が,施設の長の意向によって会うこともかなわず,経済的な縁を切らせるため裁判所における争いにまで助力しているとみられる本件は,公的な機関の力にも頼られた方が良いのではないかと思ってきました。どこに相談に行けばよいのか私も知らないのですが,とにかく市や県の福祉課などに行かれてはどうでしょう?
また,最後の手段として,人身保護法に基づく人身保護手続きを,弁護士に相談しておかれるのも良いのではないかと思います(今回の調停に備えたりすることより重要だと思います。人身保護手続については,ネット上にたくさん文献がありますのでご参照下さい)。
bengoshimailmeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問