JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

今から相談することは、不快に感じるかも知れませんが、おゆるし下さい。私は、姉の夫です。今までの相談と継続しているので

解決済みの質問:

今から相談することは、不快に感じるかも知れませんが、おゆるし下さい。私は、姉の夫です。今までの相談と継続している のですが、実は妹名義の普通預金口座があります。その口座には相続財産の2分の1分割分の妹の金がはいっています。家内によると妹単独名義の金も入っています。遺言はありません。家内に言わせるとその分の半分はもらう権利があるといっています。ところがそのお金を妻がおろして、定期預金とか証券投資に回していました。妻にいわせると「母が死ぬとき、妹を頼むと言われた。自分は一生妹の世話をする気でいた。また普通預金だと今は全然利息がつかない。妹名義で投資をしたとき、解約するのに、妹と証券会社との間で話がちぐはぐで困った。妹の金は今でも私は流用することなくちゃんと金融期間にある。親子、兄弟で名義をやりとりするのは前からしていた。やましいことはしていない」といっています。実際、問いただしますと妹に返す金はちゃんとありました。妻としても「このまま、妹と永久に面会もできぬまま、話す機会もあたえない弁護士に金を渡すと、どうされるかわからない。後見人を裁判所に選んでもらい、その上で正式に分割したい。それなら安心だ。またもし妹が、重い病気にかかって、ひきとってくれといわれたら、心配だ。墓はどうするんだ。まさか金だけもらって、はい、さよならというわけにはいかないだろう。」とかいろいろあるみたいです。大変ながくなりましたが、まず妻は犯罪になるか?そのたアドバイスがありまいたらお願いいたします。大変あつかましい質問で、お許し下さい。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  bengoshimailme 返答済み 6 年 前.
すみません。離れていたため少し遅れました。

不快ではないのでご安心下さい(ですが,奥様とはこの相談の件についてきちんと了解を得て頂けますようお約束いただきたく思います。本来は,これは守秘義務の範囲の問題となりますので)。

預かっていたお金を運用するのは,なんら違法ではないと思います。
始められたのがいつ頃なのか不明ですが,ゼロ金利の中,デフレとはいえ,銀行預金だけでは実質的に目減りします。
お母様から託されたのは,いわば「信託」ともいえると思いますから,受託者が,受託財産を運用することは当然に予定されています。そして,妹さんが障害を持つ方であり,肉親であるお姉様にお母様が頼まれたこと,これが単純な「寄託」ではなく「信託」契約であると思われることからすれば,お姉様としてはあくまでも自分の財産との混同を防ぐためにあえて名義を自分の名義でないものにより運用していたとも考えられるので,不正どころか,かえって,公正性を維持するための策であったとも評価できると思います。

それから後段についてですが,お姉様(奥様)が成年後見人に就任されることは私が提案しましたが,これはなさった方がよいと強く思います。就任までに2〜4ヶ月かかるらしいですので早めに申立をして下さい。これで,妹さんの弁護士を解任できます。
次に,奥様が妹さんの成年後見人等に就任した場合,遺産分割を,奥様が後見人の立場で行うとすれば利益相反のおそれがあるため,裁判所に,遺産分割についての特別代理人を選任してもらうようにして下さい(成年後見人の場合。保佐人の場合は臨時保佐人,補助人の場合は臨時補助人。最初から後見人の他に後見監督人がいる場合は除く)。公正を保つためです。

相手方(妹さんの)弁護士というのは印象として大いに疑問がありますので,お金を渡してしまうことは賛成できません。渡さなくとも分割はできますから。(相手には,残高証明とか,通帳コピーなどで,相続財産の根拠を示せばよいのです。実際に分ける段になって現金あるいは通帳を渡せば済むでしょう)。

ここで書くのはルール上問題ですが,個人的に福○の弁護士はほとんど分かりますし佐○の弁護士は全員知っています。地方ならではの信じられない弁護士活動を,素人相手にする人たちがいますね。前に回答したO村の弁護士は個人的に熟知していて信頼できます。

専門家:  bengoshimailme 返答済み 6 年 前.
戦略としてのスケジュールの提案です。
成年後見人(保佐人,補助人)等の申立と審判決定までに2〜4ヶ月かかることを考慮して,
すぐに(というか,次回期日の直前まで引っ張って,直前に解任するのが時間的が稼げますね)現在の佐○の訴訟代理人を解任します。そして,
解任して,訴訟代理人を新たに選任せねばならないということで,裁判所に期日の変更(延期)を上申します。
これで2ヶ月は稼げると思います。
その間にすぐに上記成年後見制度関連の申立をしま す(3種類のうちどれが妥当かは裁判所と相談して下さい。妹さんに成年被後見人,奥様を成年後見人として認めてもらうのがいちばん有利)。
同時に,別の弁護士に依頼します(個人的には前に記した者がお勧めですが)。現在の訴訟について今後の訴訟追行の打合せをして下さい。

延期した期日は2ヶ月後ということになると思いますが,その時にまだ成年後見人の審判が出ていなければ,その説明をして,さらに1,2ヶ月程度延ばすことができるのではないかと思います。その真意は,裁判官・書記官にだけは伝えて大丈夫だろうと思います。真意というのは,「自分は,今まで事実上,障害者である妹の法律上,事実上の手続や世話をしてきていたが,成年後見制度の存在を知らずに来てしまった。その間に,相手方弁護士が,精神遅滞であって分かるはずのない妹の代理人だといって今回の訴えを提起してきたのです。本来,私が成年後見人であれば,信頼できない弁護士になど依頼するはずがないのですが。それゆえ,成年後見人になるべく急ぎ申立中です。就任後は弁護士を解任した上で,遺産分割については公正を図るために特別代理人を選任していただく予定です。妹が正当に相続財産を取得できるという目的は,今回の訴訟は必要なく,特別代理人の選任により図ることが可能だと思っています」ということです。
bengoshimailmeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問