JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

29

解決済みの質問:

山地を切り開いた、団地の一角に住んでいます。
団地の造成後29年以上経過している。当初、山地と団地の境界はコンクリート及びブロックで土砂崩落が起きないよう、配慮されていたが樹木が成長(直径30~40センチ)しその根が、コンクリート等に”ひび割れ”が発生、樹木 も民家側に傾いてきた。
いずれにしても、災害が発生する要因であることには違いないと考えている。
役所に相談に行っても、個人持ちの土地であり、持ち主の情報は出せないの1点張り。
災害が起きてからでは、遅いのでお知恵をお借りして、解決したいと思っています。

民法上何か制約があったように記憶していますが、小生大学の一般教養時に習った程度でよく分かりません。よろしくご指導ください。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  bengoshimailme 返答済み 6 年 前.
昨今は,災害対策がホットな風潮があります。
弁護士としてのアドバイスとしては若干疑問があるのですが,思い付く簡単な解決策を一応ご提案しますね。

隣地の樹木が成長して境界も破損し掛かっており,ご自身のお住まいの土地側に傾いてきていて,これが原因で災害が発生する危険が非常に大きいとご心配であるとのこと,
将来発生するであろう災害を防いで隣地所有者に結果的に生じる損害賠償責任を予め防いであげるという目的で,民法上の「事務管理」として,この樹木をご自身で伐採すると良いのではないかと思います。
勝手に伐採することで,所有者からのクレームの主張が予想されなくはありませんが,それに対抗する案として,冒頭に述べた災害対策がホットな風潮を利用し,近隣の住民にもこの樹木の危険性を周知の上,公明正大に伐採等処分す れば,ご相談者様に降りかかるクレームの危険も軽減できるのではないでしょうか。
ポイントとしては,ご相談者様だけでなくて,同地に居住する多くの人がその現実的な危険を感じるほどであるという,いわば「客観性」のようなものを担保しておくことだと思いますよ。
あとは,行動の前に,もう一度,行動計画を話しに,役所に相談に行かれて,そういう「相談をした」というような事実を残しておくのも,リスク回避にはなると思います。
 なお,どちらのお役所にいらっしゃったのかは不明ですが,土地に関することでありましたら,管轄の法務局で登記簿を閲覧すると,土地所有者が誰かというのはわかりますよ。連絡先は分からない場合が多いと思いますが,周辺の不動産業者・不動産屋さんなどを回ってお尋ねになれば,誰かがご存じなのではないかと思います。
 役所,不動産屋で,所有者情報を開示しないことに対する対抗策としては,上記のように,行動計画(伐採計画)を話されると,慌てて彼らの方から所有者に連絡をとってくれるのではないでしょうか。

 裏技的ですけれど,ご参考になれば幸いです。
bengoshimailmeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問