JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

兄の子息(38才)が6月17日に失踪しました。兄は子供が生死不明のため、生息吐息の状態で混乱しています。 会社には

解決済みの質問:

兄の子息(38才)が6月17日に失踪しました。兄は子供が生死不明のため、生息吐息の状態で混乱して います。
会社には失踪の思い当たる節はないそうです(実家;熊本、勤務先;愛知県東海市)。
失踪原因解明の手立てとして、本人の預貯金の動き(預金残高、失踪前の引き出し状況、失踪後のカードによる引き出し状況等)を知れば何か掴めると思いますが預貯金をしている銀行は①本人以外には開示できない、②警察の依頼書があれば開示可能とのことで調査ができません。
また、警察署は事件性・犯罪性がなければ依頼書は発行できないそうです。
このままだと、本人の死亡届でも出さない限り調べられないということになりますが、本人の生死の手掛かりを早く掴みたい時にこれではやりきれない思いです。
こう云う状況の時に銀行に本人の預貯金を開示させる法的な方法(裁判による調停とか)はあるのでしょうか。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  bengoshimailme 返答済み 6 年 前.
甥御さんの安否,さぞご心配なことと思います。
さて,(失踪宣告の申立の準備あるいは前提としての)安否確認のために,本人の預貯金の動きを手掛かりに,というのは有効となり得る方法のひとつですね。
銀行からの開示の条件の話(警察の依頼書 が必要云々)はひとまず置いておいて下さい。

弁護士には,弁護士照会制度というものがあり,弁護士は,依頼を受けた事件に関連する事項について,弁護士会を通じて,問い合わせ先から回答を得る法律上の手段を持っています。下記URL参照(日弁連のサイト)
http://www.nichibenren.or.jp/ja/committee/list/shokai_qa.html

つまり,例えば,ご相談者様あるいはお兄様が,
弁護士に,甥御さんの失踪についての相談をして失踪宣告及びその準備について委任し,受任した弁護士が弁護士照会制度(弁護士法第23条の2)に基づいて,甥御さんの取引銀行の口座状況について,所属弁護士会を通じて問い合わせて回答を得る,という場面に利用できる制度です。
上記のリンク先にもありますが,照会先は,回答する義務があると解されており,また,近時の裁判例によれば,銀行等は,開示について口座名義人の同意が必要であるとの取り決めがある場合であっても,この照会に対しては回答すべきであるとしています。
甥御さんの行方を捜す方法としては,銀行口座の動きだけではなく他にも方法があるでしょう(例えば興信所に依頼するなど)けれど,そうした他の方法の可能性も含め,一度お近くの弁護士事務所ないし地域の弁護士会に相談に行かれると良いと思います。
bengoshimailmeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問