JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bhsy202に今すぐ質問する
bhsy202
bhsy202,
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 1009
経験:  dasdasd
84237273
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
bhsy202がオンラインで質問受付中

2年前にオーナーチェンジでアパート棟を購入しました。ワンルームで6部屋あります。そのうちの1室が退去することになりました

解決済みの質問:

2年前にオーナーチェンジでアパート棟を購入しました。ワンルームで6部屋あります。そのうちの1室が退去することになりました。この居住者は(ロシア人女性です)前オーナーの知り合いということで、賃貸借契約書無しで居住していましたが、私が購入するにあたって、直前に契約書をかわしていました。(契約からは約2年、それ以前は何年すんでいたかは不明)特約として退去時壁紙、床は賃貸人が修理するとしていました。ただし、善管管理義務を怠った場合は、賃借人が負担すると明記されています。全オーナーからの引継ぎによると入居時に壁紙が汚れた状態のまま入居したとのことでした。いざ、退去時立ち合いをしたところ、室内は土足で出入りしており、照明器具はキッチン、リビング両方の破損(うち一つはカバーなどもない状態)、キッチンの汚れ、キッチン下の物入れ部分にガムテープで画用紙を貼っており、はがすと中のベニヤ板がはがれる状態、室内壁はペンキで塗装、浴室タイル目地にペンキでの塗装、床に退去時についたと思われる傷、網戸は破れてない状態、ベランダ床は壁に塗った余ったものを放置したペンキ跡がベッタリとついている状態など、人が住んでいたとは思えないほどの汚れようでした。立ち会った不動産会社関連のリフォーム会社が見積もりをだしたところ、壁紙代を抜いて破損部分を修理するにあたって、40万くらいの見積もりがきました。特に、浴室に塗ったペンキはカビに上から白いペンキをぬっているので、カビがペンキでコーティングされて、汚れとなって浮き出ている状態で、直すにはタイルをすべて壊して張り替えるか、パネルを貼って覆い隠すかしかないようで高額になってしまいました。また、室内は汚れすぎているため、高圧洗浄が必要とのことで特別クリーニングになってしまいました。
全オーナーに確認したところ、壁の塗装については許可したが、浴室目地に関しては許可していないとのこと。また、入居時に壁紙の交換、ルームクリーニングはしなかったが、人が住める状態で貸したとのことでした。しかし、退去時の状況はそのまま人が住める状況ではない状態になっていました。修繕費について話し合いたい旨を、不動産会社を通じて連絡しておりましたが、本人はやっていない。前の人がやったから、全額敷金を返してほしいの一点張りで話合いにならず困っていました。賃借人からの敷金は6万円、家賃返還分は5万です。そうしているうちに、賃借人から敷金返還の少額裁判の通知がきました。こういった場合、大家はどうすればよいのでしょうか?お忙しいところ大変恐縮ではございますが。アドバイスをいただければ幸いです。
投稿: 1 月 前.
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
質問者: 返答済み 1 月 前.
65288;質問者からのリクエストをサイトが代理投稿)こんにちは。次のプレミアムサービスを希望していますが、ご提供いただけますか? サービス名:電話でのやり取り
質問者: 返答済み 1 月 前.
12418;う少し情報が必要な場合はその詳細をお知らせください。また別のプレミアムサービスをご提案いただければ、検討します。
専門家:  bhsy202 返答済み 1 月 前.

回答させていただきます。よろしくお願いいたします。

まずは,少額訴訟を起こされていますので,少額訴訟に対する異議を申し立てて,通常訴訟に移行するように申立てる書面を出します。

その後,こちらからも,反訴状というのを出して,こちらから相手に請求する分があることを裁判所に提出します。

そして,原状回復をめぐる点について,どちらに費用負担を求める話なのか,裁判所の中で決めていくことになります。

本来は話し合いで解決していければいいのですが,相手が訴訟をしてきている以上は,この訴訟に対して対応していかなければなりません。

そのため,裁判上の対応をしていくしかないですね。

少額訴訟への異議(少額訴訟手続ではなく通常訴訟でやって欲しいという申立て)と,答弁書の提出,

あわせて,こちらからも相手に対する裁判を起こす,これが反訴といわれるものですが,

ここで,相手がこういう使用状態だった,原状回復費用として,○○円を支払え,との裁判を求めていくべきです。

その際に,証拠として,現状の写真と,見積書などを裁判所に提出します。

書面の書き方については,実際の弁護士に相談して作成してもらうか,

あるいは手続そのものを弁護士に委任してしまうか,ですが,弁護士をつけると15万から20万円くらいはかかってしまうかもしれません。

bhsy202をはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問