JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
pote888に今すぐ質問する
pote888
pote888, 土地家屋調査士、宅地建物取引主任者、不動産コンサルティングマスター、不動産会社経営者
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 316
経験:  工学系大学卒業後不動産業界一筋です。
61446608
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
pote888がオンラインで質問受付中

家を貸しています。庭木の手入れ、庭の雑草の草抜きは、貸主の責任でしょうか、借主の責任でしょうか?法律ではどうなっています

解決済みの質問:

家を貸しています。庭木の手入れ、庭の雑草の草抜きは、貸主の責任でしょうか、借主の責任でしょうか?法律ではどうなっていますか。
投稿: 1 月 前.
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
専門家:  pote888 返答済み 1 月 前.

基本的には、契約の内容によることが原則となりますが、そういった取り決めがない場合は、賃借物件の使用権限がある賃借人の管理責任において庭の手入れをすることになります。

但し、特別庭が広大で、費用も常識的範囲を超え、庭の状態を貸主の要望通りに維持させることが必要な場合などは、貸主・借主間でその費用負担割合を相談することが必要でしょう。

質問者: 返答済み 1 月 前.
12372;回答有り難うございました。このご回答の根拠となる民法の条文はどれでしょうか。お教え下さい。
専門家:  pote888 返答済み 1 月 前.

第四百条 債権の目的が特定物の引渡しであるときは、債務者は、その引渡しをするまで、善良な管理者の注意をもって、その物を保存しなければならない。(善管注意義務)

民法第六百十六条 、「 第五百九十四条第一項、第五百九十七条第一項及び第五百九十八条の規定は、賃貸借について準用する。」
第五百九十四条1項 「借主は、契約又はその目的物の性質によって定まった用法に従い、その物の使用及び収益をしなければならない。」

以上が根拠となる民法の条文です。

pote888をはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問