JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dueprocessに今すぐ質問する
dueprocess
dueprocess, 特定行政書士
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 2676
経験:  中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
81185734
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
dueprocessがオンラインで質問受付中

1年半前に入居した賃貸」物件で、一つの部屋のフローリングの表面が剥離してきて、管理会社に見せたところ、管理不足による傷み

解決済みの質問:

1年半前に入居した賃貸」物件で、一つの部屋のフローリングの表面が剥離してきて、管理会社に見せたところ、管理不足による傷みであると断定され、6畳のフローリング全体を張り替える必要があると34万円の見積書を」送付してきました。その表面が剥離している部分は入居前の確認の際に修理の跡があり、「傷にパテを塗った」ような説明を受けておりましたが、その部分に家具を置いたこともなく、通常の使用をしていて剥離が起こったものです。また、この剥離部分の周辺では、修理した部分の「ひび割れ」、「変形」なども数か所で見られ、どうみても欠陥工事だったと思うのですが、欠陥工事であったことを証明するにはどうしたら良いでしょうか?あるいは、そんなことをしても無駄で払った方が良いでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
専門家:  dueprocess 返答済み 1 年 前.

ご質問ありがとうございます。

特定行政書士です。

よろしくお願い致します。

先方の言い分の筋を通すためには、ご相談者様の故意・過失による損傷であることを先方が立証する必要があります。

ご相談者様の使用による損傷でないのですから、ご相談者様が支払う義務もないと考えます。

また通常こういった損傷の原状回復費用は、賃貸借契約が終了した後に請求するのが一般的です。

いずれにしても先方の要求に応じる必要はありません。応じずに放置で結構です。

いかがでしょうか。

ご不明点ございましたら補足いたしますので、その旨ご返信ください。

それではよろしくお願いいたします。

dueprocessをはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;りがとうございました。自分の過失でないことを証明する責務が私にあるのか、先方にあるのかが気になっていましたが、すっきりしました。
専門家:  dueprocess 返答済み 1 年 前.

ご丁寧にご返信ありがとうございます。

回答がお役に立てたのであれば幸いです。

以下補足ですが、念には念を入れて、記憶が新しいうちに、

入居時の状況や、その後の管理会社とのやりとりを時系列でメモしておくと、よろしいかと思います。

もしもの時にきっと役立つと考えます。(体裁を整えれば、証拠書類となりますので。)

それではよろしくお願い致します。

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問