JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

賃貸一戸建てに半年前に引越しました。 所有者は個人ですが管理会社が入っています。

解決済みの質問:

賃貸一戸建てに半年前に引越しました。
所有者は個人ですが管理会社が入っています。
前の入居者が夜逃げをしたらしく、入居後すぐからいろんなところから訪問を受けたりで
大変でした。
管理会社へ問い合わせもしましたが個人情報の点から答えていただけませんでした。
ここまでは良いとして、最近 裏の家の住人(たぶん)に
「この家の人間はお金を踏み倒して夜逃げをした、逃がした人間が今住んでいる」
という中傷的な紙を門柱に張り付けられました。
もちろん何の関係もありません。
ただ、この住人は認知症か精神的な疾患があるようで
ふだんからの言動も異常性がありますのである程度は我慢かとは思っているのですが、
エスカレートされるのがとても心配です。
そこで、質問ですが
・管理会社に対し、契約前に「夜逃げがあった物件」ということを告知されていなかった点につき
今後、住んでいられないような事象が起こった場合に責任を追及できますか?
・いやがらせをする住人に対し、どんな対策が必要ですか?
よろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
専門家:  kionawaka 返答済み 1 年 前.

>管理会社に対し、契約前に「夜逃げがあった物件」ということを告知されていなかった点につき
今後、住んでいられないような事象が起こった場合に責任を追及できますか?

→そのような噂を知っていたならば契約しなかったであろうという場合には、

消費者契約法第4条2項の「不利益事実の不告知」にあたり、契約を取り消すことができます。

>・いやがらせをする住人に対し、どんな対策が必要ですか?

→名誉毀損罪での告訴がありえます。

kionawakaをはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問