JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dueprocessに今すぐ質問する
dueprocess
dueprocess, 特定行政書士
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 2644
経験:  中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
81185734
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
dueprocessがオンラインで質問受付中

貸主である私から借地権設定の策定の有無についてご相談したいのですが、

解決済みの質問:

貸主である私から借地権設定の策定の有無についてご相談したいのですが、
平成18年8月、所有の土地を美容関連会社へ平成18年から平成33年までの15年間の期間を貸地として契約事業用借地権設定合意を交わしました。その際、M不動産に依頼し公正証書にて締結致しました。しかし借主である事業者が経営上の問題から来月(7月末31日)をもって店舗の撤退を表明、代わって同業他社の事業者が店舗を引き継ぐとの連絡を受けました。そこでM不動産に説明によると契約上問題ないが借地権設定が必要であり、借地権設定を行う際、土地評価額×2.5%分の金額を要するとのことです。
そこで疑問なのですが、借主の都合で借地権設定及びそこに発生するという金額は当方で負担しなければならないのでしょうか
情報が少ないとは存じますがご回答いただければ幸いです
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
専門家:  dueprocess 返答済み 1 年 前.

ご質問ありがとうございます。

特定行政書士です。

よろしくお願い致します。

公正証書作成の手数料という事だと思われますが、

通常は契約書など作成費用は特約がなければ当事者折半が民法の原則ですが、

商習慣的には借主負担とする事が多いように思います。

また今回の場合は、ご認識の通り、借主都合の契約更改となりますから、

新規契約に準じて相手方に全額負担を求めてよろしい事案かと存じます。

ご不明点ございましたら補足致しますので、その旨ご返信ください。

それではよろしくお願い致します。

dueprocessをはじめその他名の借地借家・家賃交渉・立退きカテゴリの専門家が質問受付中

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問