JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士 ファイナンシャルプランナー(CFP)
71156846
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

個人事業を営んでいます。先だって、当方の元で仕事をする人間のために、当方個人が保証人になり、アパートを借りました。が

質問者の質問

個人事業を営んでいます。先だって、当方の元で仕事をする人間のために、当方個人が保証人になり、アパートを借りました。が、その後、この従業員が不法行為および反社会的な行動を行っていたことが発覚し、この従業員はそのまま逃走(夜逃げ)。保証人の当方が、そのアパートの中の大きな粗大ゴミなどの片づけを行い、敷金をベースに賃貸物件の清算を依頼しました。
その清算の中で、未払いの光熱費および水道料金を請求されています。これは正当な請求なのでしょうか?(総額6万円以上です)。よろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
専門家:  fplawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士です。
お答えいたしますのでよろしくお願いいたします。
賃借人の保証人が負う債務は、賃借人が賃貸人に負う債務と同じです。
そこで、賃貸借契約上、賃借人が、水道、光熱費の支払義務を負っているかによります。
水道、光熱費については、①賃借人が、個別に、水道事業者の市町村、電気会社等に支払うようになっている場合と、②賃貸人が建物全体の料金を一括して支払い、各居室の賃借人に負担分を請求する場合の二つがあります。
賃貸借契約上、後者のようになっている場合は、賃借人は、賃貸人に対し、水道光熱費の精算金を支払う義務があるので、未払いがある場合、保証人はそれを賃借人にかわり支払わないといけません。
そこで、まず、賃貸借契約を確認してください。
以上ご検討下さい。

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問