JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 借地借家・家賃交渉・立退き に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

家賃滞納について ・去年に離婚しました 自身の給料を全て 元妻に渡し 支払い関係は全て任せていました。 離婚後に

質問者の質問

家賃滞納について
・去年に離婚しました
自身の給料を全て 元妻に渡し 支払い関係は全て任せていました。
離婚後に 家賃の未払い請求が来ており 半年間も未払いだったということがわかりました。賃貸名義人である私自身に 支払い義務があるのは わかっておりますが 給料を全て渡し 小遣いもなし 切り詰めて働いていた私にとっては 納得のできるわけもなく どうすれば良いのかわかりません。。
全て任せていた私自身にも非はあるのですが 毎月生活にはじゅうぶん困らない額を渡していただけに とても困惑しています。
現在 養育費を(月額3万)を 元妻に払っていますが その養育費を払わないとか 何か方法はありませんか?
何か良い方法はないでしょうか。お手上げ状態です。宜しくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 借地借家・家賃交渉・立退き
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士のt-lawyerです。
確認させてください。
①離婚は協議離婚ですか。
②離婚の時に何か合意書のようなものは作成しましたか。
よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 2 年 前.

協議離婚です。

合意書等はお互い一切書いておりません。

私が家を出るという形でした。

専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.

ご返信が遅くなってしまい,すみませんでした。

法律的には,婚姻中の家賃は「婚姻費用」に当たるため,夫婦が半分半分に負担するのが原則です。
そのため,今からできることとしては,未払い請求が来ている分の半分を元妻に請求するということはできると考えます。

生活費を全て渡していた以上,そこから家賃を支払えばいいわけで,それをしていなかったのは元妻であるにもかかわらず,質問者様が半額を負担するのは納得がいかないという気持ちはあるかと思います。
しかし,結論的には,現時点で折半というのと変わらないことを説明します。

例えば,離婚時に夫婦の貯金が200万円あったとします。
その場合,夫婦で100万円ずつに分けていますよね。
その後,未払い家賃が60万円見つかったとします。
これを30万円ずつ負担すれば,お互いに残るのは(100万円-30万円)で70万円となります。

一方,未払い家賃がなく毎月家賃を支払っていたとすれば,離婚時の貯金は(200万円-60万円)で140万円となりますね。
それを夫婦で分ければ,70万円ずつとなり,結局同じ結論となります。

そのため,今からできることとしては,元妻に対して未払い家賃の半額を請求することになります。
その請求の仕方としては,当然一括請求ができます。

ただし,気を付けなければいけないこととして,未払い家賃分と相殺する形で,養育費を支払わないということはできません。
養育費は,元妻というよりも子供が親から扶養を受ける権利の表れであるため,元妻が自由に処分できるものではないからです。

そのため,養育費は支払いを続けながら,別途未払い分の請求を半額することとなります。

ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
回答はご参考になりましたでしょうか。
このサイトは,プラス評価をしていただくことで,専門家に報酬が支払われる仕組みとなっております。
もしご不明な点がありましたら補足で回答いたしますので,ご返信いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

借地借家・家賃交渉・立退き についての関連する質問